無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

岩橋の世界
賀来MG
賀来MG
岩橋、ウチ着いたよ。
玄樹
玄樹
≪あー寝ちゃってたぁ…≫
ありがとうございました。
じゃあお疲れさまでした。
賀来MG
賀来MG
お疲れ様でした。
そうだ!いわち、のどの調子どう?
玄樹
玄樹
まだ調子出ないですけど、来週のコンサートまでには治します。
賀来MG
賀来MG
保湿しっかりね!暖かくして寝てな。
玄樹
玄樹
はい。それじゃあ…
廉
玄樹おやすみぃ~
のど気ぃつけてな。
紫耀
紫耀
じゃあな玄樹
おやすみ。
玄樹
玄樹
うん、おやすみなさい。
私
おやすみなさい。お疲れさまでした。
あなた

岩橋さん、体調悪かったんだ…私もケアしてあげられるようにしなきゃ!


ピンポーーン、ピンポーン響いてる
ガチャリ(玄関)

(岩橋 父) 玄樹、おかえり。
玄樹
玄樹
ただいま戻りました
(岩橋 母) おかえりなさい。
玄樹
玄樹
ただいま
(岩橋 母) 食事は?
玄樹
玄樹
移動中に適当に食べたからいらない。
(岩橋 母) そぅ。じゃあ、お風呂沸いてるから入っちゃって。
玄樹
玄樹
うん、そうする。
お風呂  ~ちゃぽ~ん~
玄樹
玄樹
ふー。
……ぼーっと湯船につかる……
……頭の中で、今日のレッスンを振り返っている。
湯船から出て、カラダを洗いはじめる。
ふと、今日を振り返っていたら、私が出てきた。
玄樹
玄樹
≪あの子、妹とタメか…まだ19で、俺らのマネージャーちゃんと出来んのかな?≫
玄樹
玄樹
≪ミスられたりしないかな!?
ちょっとだけかわいいからって…スカウトされるために芸能界の仕事選んだんじゃね?≫
ひたすら、なぜか私をディスる💦
~ザパーン~ お風呂からあがる

しっかりお肌のお手入れしたあとに、部屋に行って加湿清浄器スタート
玄樹
玄樹
まぁとりあえず様子見だよね!
玄樹
玄樹
≪アメリカとか、外国に住んでたのは羨ましいな…俺もまた行きたいな、アメリカに行く収録とかないかな…さぁて、寝なくちゃ≫