無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第96話

個人レッスン?
まさかの展開に頭が真っ白に!
歌も聞かれたくないけど…ダンスを…しかも全員に教わるとか今すぐ逃げだしたいほど恥ずかしいっ💦

しかも面白がって、ダンスの先生もこっち見て笑ってるし(泣)
私
…///
玄樹
玄樹
そんな照れることないじゃん!
海人
海人
一緒にやろ!
一緒に踊れたらもっと楽しいから♪
私
いやぁ…/// あとで自分で…
あなた

覚えますから~💦

廉
さっきの俺らの動きは見てました?
私
…はい、一応見てはいましたけど…///
勇太
勇太
この曲は振り付け優しいから大丈夫♪
優太
優太
サビん時に人差し指出してね…で、
紫耀
紫耀
“たった一つ”のとこで指上げてぇ
玄樹
玄樹
“この気持ち”まであげてって“君に伝えたい”で、
海人
海人
はい!ちょんちょんちょんちょん!
私
…///
あなた

全然頭に入りません💦

…そのあとも、手を握るとか、差し出すとか…確かに手の振り方だけだったので、落ち着いてからは、なんとか出来るようになった…
あなた

ハナウタがこの曲で本当によかった…💦

優太
優太
じゃあ、みんなで合わせてみる?
玄樹
玄樹
いーよ♪
私、センターで!
私
いやいや…
本当にそーゆーのは大丈夫です💦
廉
いま、俺の横はイヤって言ったの!?
≪いじわる言っちゃった♪≫
私
えぇ!?
言ってないですょ…
紫耀
紫耀
じゃあ、ほらこっちだょ♪ここね!
≪きょどりすぎて可愛すぎ♪(笑)≫
私
ぁ…はい。
あなた

ちゃんと出来るかなぁ…

勇太
勇太
楽しもう♪≪私ちゃんの緊張こっちまで伝わってくる(笑)≫
海人
海人
よし!楽しみぃ♪
(ダンスの先生) じゃあサビのとこ曲かけるねぇ!

… … …

たった一つこの気持ち君に伝えたい
今は照れずに言える「ありがとう」
僕が僕らしくいられる理由さ    ♪
強がりな心を溶かしてくれた
弱さ見せたって大丈夫だと
教えてくれた君へ ただありがとう   ♪

…そのまま最後の優太くんが歌い終わるまで、
みなさんが歌ってくれて一緒に振付けをした。
海人
海人
私ちゃん上手に出来ました!
紫耀
紫耀
上手に出来たじゃん!めっちゃかわいい♪
≪あっ!やば…💦≫
廉
出来たやん♪紅一点で入所する?(笑)
優太
優太
ジャニーさんにも見せたいね(笑)
玄樹
玄樹
私は僕だけのプリンセスだからダメ!
勇太
勇太
私ちゃんは俺のだから隠しておかないと。ねっ♪
私
…/// そんな…私なんて
誰のものでもありませんょ💦
紫耀
紫耀
…///≪そっか、私ちゃん…≫
廉
…///≪誰のものでも…≫
優太
優太
…///≪ないんだね…≫
海人
海人
…///≪なるほどね♪≫
勇太
勇太
…///≪カレシとか…≫
玄樹
玄樹
…///≪いないんだね♪≫
賀来MG
賀来MG
みんなして何してんの??
あなた

かくにぃに見られた…///

私
うわぁ~💦