無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第98話

お買い物メール
メンバーのみなさんもかくにぃも、明日からまた忙しくなるし、準備もあるので早めに帰った。

私も仕事を終えて帰り道…
あなた

明日は、何時に着くかな~?
そぅだ!明日の差し入れなににしよう…

ピロン♪ (メール着信音)
あなた

あ、メール来た。




… … …
紫耀
紫耀
メール:
お疲れ様です。
買い物頼みたいんだけどいいですか?
私
メール:
お疲れさまです。
大丈夫です。何を買えばいいですか?
紫耀
紫耀
メール:
リップクリーム。無くなりそうなので。明日、会場にお願いします。
私
メール:
分かりました。指定はありませんか?
紫耀
紫耀
メール:
これと同じので。 (画像)
あなた

あ、これって…。

私
メール:
承知しました。明日お渡ししますね。
私
買ってっちゃうか♪



ー ドラッグストア ー


(店員) ありがとうございました。
私
見つかってよかったぁ♪
意外と売ってないんだね…。

家に帰りながら、何件かお店に立ち寄ってみたけど取扱店がなかなか無くて…ようやく買えて一安心。
明日、学校のあとに探して買っていたら新幹線乗るの遅くなってたかもしれない…💦
あなた

そういえば、リップクリーム…
私のもそろそろ無くなるかな…
…あれ?

ガサゴソ… (バッグの中を探してる)



トントン (背中をたたかれた)
あなた

ん?

驚いて振り向くと…
パーカーのフードをかぶりサングラスをかけた人。


…一瞬、誰?と思ったけど……紫耀くんだった。

私
…え…どうして?
紫耀
紫耀
私ちゃん…みっけ♪
あ、こんばんわ☆
私
っ!?
どうして、こんなとこに…???