無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

おそとでランチ♪
さきほどのビルからジャニーズ事務所に移動中。
賀来MG
賀来MG
落ち着いた?
私
うん。
賀来MG
賀来MG
ごめんな、紫耀のこと知らなかったんだよな…一人にさせて悪かった。
私
かくにぃのせいじゃないよ。
それに…私ちょっとボーッとしてて、平野さんに上手く説明も出来なくて…。
眠りかけてたことは恥ずかしくて言えない…///
賀来MG
賀来MG
まぁ、とりあえずさっき会ったやつらがKing & Princeの6人な。
みんな、いいやつらだから、よろしく頼むな。
私
はい。
あなた

あぁーお腹すいてきたな…

賀来MG
賀来MG
お昼、遅くなっちゃったけど、軽く食べてから事務所戻ろ!
あなた

かくにぃ、いつもタイミングいいんだよね♪

私
うん!お腹すいた。
天気良いし、おにぎり買って外で食べたい♪
賀来MG
賀来MG
まったく♪
(いつまでも子供のままだな)
了~解!
おすすめのおにぎり屋さんあるよ!
私
おにぎり屋さんなんてあるんだね!
やったー♪
かくにぃおすすめのおにぎり屋さんで大好きなおにぎり買って、公園でランチ♪
私
私、King & Princeさん達のこと色々調べるね!
賀来MG
賀来MG
ウチに帰れば、メンバー達が入所してからの活動記録とかデータあるから、それも参考に見ていいよ。
賀来MG
賀来MG
ただ、デビューしてから1年だけど、入所してから歴の長い子もいるから、全部見るのは大変かもよ?
私
入所?≪契約ってこと?≫したらすぐにデビューじゃないんだね!
賀来MG
賀来MG
ウチの事務所は独特だからね。
すぐデビューの子もいるし、遅咲きの子もいる。咲かないまま退所の子もね…。
私
へぇ~。
賀来MG
賀来MG
それが、お互いをたくましくさせるし、夢や希望を抱かせることもできる。
俺はこの事務所で輝いた舞台を夢見てるJr.達を一人でもそこにあげてやりたいんだよ!
かくにぃ、熱く語ってる…。
ジャニーズの人達のこと、大切に想ってるんだなぁ。
賀来MG
賀来MG
あ~ごめん!
さて、そろそろ事務所行こうか。
私
そうだね。
あー美味しかった~。
やっぱり外は気持ちいいなぁ♪