無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第69話

それぞれの好きな香り
買い物途中で気になっていたアロマショップ♪
私
何か珍しいのあるかな~♪
あなた

オイルもキャンドルも種類いっぱい♪

勇太
勇太
(にこにこ♪)
≪私ちゃん楽しそう♪≫
私
あっ!これすごくいい香りですよ!
ほらっ♪
勇太
勇太
うん、ほんのり甘くて優しい感じ、
私ちゃんにぴったりだね♪
私
……///
私
ね、寝るとき用のベルガモット
とか見ようかな………///
勇太
勇太
この練り香水、いい香りじゃない?
これ…
私
あっ!本当だ!!ジャスミンかな♪
入れ物もキレイですね!
勇太
勇太
そういえば、私ちゃんはあんまり香水とかつけないの?
私
私は…つけないですね。
みなさんはいい香りがしますよねっ♪
私
日によって違う香水だったりします?
勇太
勇太
そぅだね。みんなその日の気分で香水変えたり…アロマは俺たちもするよ!
私
アロマ…そぅなんですか!?
趣味が同じとかなんだか嬉しいです♪
勇太
勇太
うん、俺も同じこと思ったよ♪
私
……///
あなた

なんだろう…勇太くんと話してると、
包まれる優しさ…感じるなぁ

私
たくさん香水持ってるんですか?
勇太
勇太
自分でも買うしメンバーとおそろ…あともらい物もあるからそれなりに!
勇太
勇太
香水してなくても、私ちゃんもいつもいい香りしてるよね♪
私
へっ?………////
あなた

自分が言われるのは恥ずかしいよぉ💦

私
私はシャンプーのお試しを色々買うことにハマっているのでそのせいかな?
勇太
勇太
じゃあ、そのキレイな髪はそのシャンプーのおかげなんだね。サラつや♪
あなた

そんなにほめられると言葉出ませーん💦

アロマのお店を出て、次は勇太くんが行きたいらしいお店に向かう…