無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第95話

ハナウタ
明日からのコンサートに向け、今日はダンスのチェックだけで声出しはやらないはずなのに、みんなで楽しそうに歌いながら練習してる…
あなた

みなさん…
本当にコンサート楽しみなんだね♪

賀来MG
賀来MG
あぁ、そうだ!藤倉さん。
スタッフTまだもらってないよね!?
私
スタッフ…T?
賀来MG
賀来MG
えっと…スタッフ用に作成したツアーTシャツ。渡したっけ?
私
いえ。頂いていません。
賀来MG
賀来MG
そっか。…ん~じゃああとで渡すね。みんな他のスタッフにはもぅ配り終えてるから。
私
ありがとうございます♪
賀来MG
賀来MG
俺、これからまた打ち合わせだから戻るけど、藤倉さんは?
私
私も、まだ用があるのでもぅ少ししたらデスクに戻ります。
みなさんとスタッフさん達の楽しそうにしているやり取りをもう少しだけ見ていたかった…

やっぱり全員が揃っているとみんなの輝きが増すというか…個性が光ると言うか(笑)




ピンポン♪(メール着信音)
あなた

あ、仕事のメールだ…



♪ 朝の光浴びて 今日の運命を巡る……♪
(レッスン用の曲が流れている)


私
……
たった一つこの気持ち君に伝えたい
紫耀
紫耀
ん?≪私ちゃんが歌ってる!≫
私
今は照れずに言える「ありがとう」……
玄樹
玄樹
あっ…≪…私、歌ってる♪≫
私
僕が僕らしく いられる理由さ~
海人
海人
わぁ♪≪私ちゃん歌ってるし♪≫
私
強がりな心を溶かしてくれた
勇太
勇太
≪私ちゃん歌ってるの初めて見た♪≫
私
弱さ見せたって 大丈夫だと
廉
≪やば♪私ちゃん歌ってる…///≫
私
教えてくれた君へ ただありがとう
優太
優太
≪私ちゃん…歌覚えてくれたんだ♪≫
メールを送信したのとほぼ同時に曲が終わったのでみなさんを見たら……私が見られてた…
あなた

…/////
えっ!?なになに??

玄樹
玄樹
今、歌ってたでしょ?
私
え゛っ?
あなた

うわぁ~💦恥ずかしいっ!
ん?…でも、聞こえてないよね??

海人
海人
私ちゃん歌ってみて!
私
はいっ!?
優太
優太
私ちゃんの歌声、聞いてみたい!
私
えっ💦
あの、ちょっと…
勇太
勇太
歌ってるの聞いたことなかったよね?
私
いやいや、それは💦
廉
歌、覚えてくれたんやね♪
私
あの…はい…
紫耀
紫耀
俺の前で歌ってくるようになったね♪
私
…///
あなた

見られてると思ってないですからね…///

海人
海人
え?紫耀、なんのこと??
紫耀
紫耀
…///
いや、なんでもないよ💦
私
私…声聞こえてましたか?
海人
海人
うぅん。聞こえてないけど口ずさんでるなって思って♪
玄樹
玄樹
本人達の目の前でスマホいじりながら歌ってるとか…いい度胸してんね!
私
え~!すみませんっ💦
歌ってたつもりなかったんですけど…
玄樹
玄樹
≪やっぱ私いじるの楽しい(笑)≫
勇太
勇太
カラダも揺れてたしね(笑)
振り付けも覚えたの?
私
えっと…💦ほんのちょっとだけ…
廉
手だけやし今の曲はムズくないよ♪
優太
優太
明日もやるからさ、私ちゃんも覚えたらいいんじゃない?
紫耀
紫耀
じゃあみんなで教えてあげるよ♪
やってみよ!
あなた

ひぇ~💦