無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第103話

2人で帰る道
紫耀
紫耀
…/// なんか、よく分かんないけど…ごめんね借りちゃって(笑)
私
…/// 私も失くしてすみません…
貸したわけじゃないですけどね(笑)
…2人で変な沈黙のあと…
恥ずかしくって、謎過ぎて…
もぅ、2人で笑うしかなかった(笑)

多分だけど…私がどこかに置き忘れたリップクリームを、紫耀くんが自分のだと思って手に入れてしまったのだと思う…
私
紫耀くん?そろそろ帰りませんか??あまり遅いと明日のことが心配で…
紫耀
紫耀
うん…そうだね。私ちゃんにも会えたし色んな話もできたし来てよかった♪
紫耀
紫耀
あの…一緒に帰っていいですか?
私
はい♪
紫耀
紫耀
今日はね、車で来たんじゃなくて…
私
ん?
紫耀
紫耀
走ってきました(笑)
私
えっ!?そぅだったんですか??
紫耀
紫耀
ダッシュで!(笑) 途中で気付いたんだけど…1人の夜道って怖いよね?
私
えっ!? あ~…それじゃあ
帰りも一緒にダッシュしますか?(笑)
紫耀
紫耀
…帰りはゆっくり歩いていきたい♪
私
…はい。…///
リップクリームの話でもまたドキッとしたけど、
レッスン場から引きずっていたドキドキ感は少し和らいだみたい…




ー 帰り道 ー


紫耀
紫耀
フランス語の方カッコいいね!こっちのキャップに付け替えて使おうかな♪
私
それなら、私の新しい物あとで1つあげますから!
それ使用済みはちょっともぅやめましょ…///
紫耀
紫耀
えー、俺はこれでいい♪
私
えぇー💦
紫耀
紫耀
これリップクリームってむこう 海外 でも売ってるんだね!
海渡っておそろいとかすごい楽しい♪
私
フランスのメーカーなのでフランス圏のモナコでは普通に売ってますょ。
紫耀
紫耀
逆にね。そっか…日本にある方が私ちゃん驚いたんだもんね!
私
はい。こっちで売ってるの知らなくて何本か買って持参してきましたょ(笑)
私
ストックなくなったら買えるから嬉しいです♪
紫耀
紫耀
俺に言ってくれれば、一緒に買ってきてあげますよ♪
私
ありがとうございます!