無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

それぞれの仕事
今朝も大学に行き、その足で事務所へ。

今日はインタビュー、雑誌の撮影、打ち合わせ、収録、撮影、対談など…みなさん休みなくお仕事。

私は時間調整を行い、それをかくにぃやメンバーのみなさんに連絡。
仕事先にも連絡して…お昼も忘れてバタバタ!
あなた

このあと、頼まれたもの買い物に行かなきゃ!

Mr.J
Mr.J
藤倉さん、お疲れ様。
あなた

あ!社長!!

私
J社長、お疲れさまです!
Mr.J
Mr.J
お昼はきちんと食べましたか?
私
あ…いぇ…仕事が立て込んでて…
Mr.J
Mr.J
それはダメですよ。カラダが資本ですからね。
私
…はい。
Mr.J
Mr.J
はい、これ、サンドイッチ♪美味しいですから食べてください。
私
え?
ありがとうございます!!
Mr.J
Mr.J
Take care of yourself自分を大事にしてください
私
はい、ありがとうございます♪
Mr.J
Mr.J
それとね、YOUの家ね。賀来君から話聞いてね、賀来君のフロアの部屋、空いてるからそこ使って。
あなた

え?

私
いや、私…申し訳ないです。
Mr.J
Mr.J
どうして?YOUだって、ウチの大事なスタッフだし、私も配慮にかけてしまっていて申し訳なかったね。
あなた

社長~✨

私
ありがとうございます。
それなら、堂々とマンションに帰れます。
お気遣いありがとうございます!!
Mr.J
Mr.J
では、手続きしたらカギもらってね。
私
はい、色々ありがとうございます!サンドイッチもごちそうさまです♪
Mr.J
Mr.J
≪バイバイ👋≫
その後、サンドイッチ(本当に美味しかった♪)食べて、かくにぃに連絡。かくにぃも社長の行動の早さに驚いていたけど、安心したみたい。
事務的な仕事を終えて、買い出しへ。
ドラッグストアや、レコード屋さんなどに行ってきた。
このあとは…メンバーに届けに行かなきゃ!