無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

欲しかったアルバム…
私
岩橋さん、早く欲しそうだったし、急いで届けてあげよっ!
頼まれていたアルバムを持って、早足で電車に飛び乗った…

…お店が想像より遠くて…思っていたより時間がかかってしまっていた。電車内は夕焼けがまぶしい…
私
取材…終わってたら帰っちゃうかな?
そしたら渡すのは明日になっちゃう…
まだ事務所にいればいいけど!
……事務所最寄りの駅についた頃には、すっかり夕暮れ時も過ぎてしまっていた。
あなた

あー、急がなきゃ!
まだいるかな~?いて欲しいな~

小走りで汗かきながら事務所の談話室へ!




ーーーシーン(-_-)ーーー
あなた

あ゛ーウソー💦
やっぱり終わって帰っちゃってた(泣)

あなた

こーゆー時って、やっぱりあれ?
自宅まで届けた方がいいのかな?
でも、仕事まだ残ってるし、ここから岩橋さんのお家遠いよね?出掛けてるかもしれないか…

とりあえず、買えたこと連絡した方がいいかな?

談話室から出て、連絡先を調べに事務所へ戻ろうと歩き始めたら…




玄樹
玄樹
あったの?
私
あ!岩橋さん!!
あなた

よかったぁ。まだ取材終わってなかったんだ…

私
はい!アルバムなんとかゲット出来ました✨
玄樹
玄樹
…そぅ…
私
あの、これ!……
私の話を無視して談話室に戻っていく岩橋さん…
あなた

ちょっと…
なんで話聞いてくれないんだろう!?

私
あの!
ーパタン(談話室のドアが閉まる)ー
玄樹
玄樹
あのさ、…それ、見つかると思ってなかったの、実は…
私
え?なんでですか??
玄樹
玄樹
もぅどこも売り切れてると思ってた…
私
……??
玄樹
玄樹
無いの分かってて買いに行かせたってゆーか、ちょっと試してみたくって…
あなた

え?私のこと?仕事できるかとか??
なんで?なんのために???

玄樹
玄樹
…ごめんね。………
私
えっ!ちょっと……////