無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

電話連絡
公園に来て話し始めた頃より、少し顔色も良くなってきたかな…?
海人
海人
俺より熱く語られちゃったら、レベルUP目指して頑張るしかないっしょ♪
私
髙橋さん、えらい♪
海人
海人
うぉーい!なんで上から!?
俺の方が年上だかんね??
私
私に出来ることがあれば、買い出しでも、なんでもお手伝いしますね!
海人
海人
じゃあ、頑張ったらまた ぎゅう♪って、してくれる??
私
え? いや、あのそれは……///
海人
海人
いや、これはマジな話だから!(笑)
私
あは、あははは💦
海人
海人
俺の漫画に私ちゃん登場決定ね!
で、さっきのシーン4コマにする♪
私
へぇ?ちょっと!髙橋さん!!
それは、本当にだめですよ?💦
海人
海人
え?熱く語るマネージャーの事だよ♪
私
あ、そっち……///
海人
海人
≪ほんと、
私ちゃんイジリがいがあるなっ♪≫
髙橋さんがいつもの様子に戻ってくれた気がして…とりあえずよかった…


電話を見てみたら、かくにぃから着信がたくさん来てた💦
あなた

うわっ!!!
マナーモードにしていたんだった💦💦

私
髙橋さん…賀来さんに見つかったこと連絡してもいいですか?
海人
海人
うん、色々予定飛ばしちゃって怒られちゃうな💦
だけどもぅ大丈夫!生出演も頑張るから!
かくにぃに無事に見つかったこと、これから2人でテレビ局に向かうことを伝えた。

髙橋さんも自分で謝りたいと言うので代わった。
海人
海人
電話:
賀来さん…本当にごめんなさい💦
たくさん心配と迷惑おかけして…。
賀来MG
賀来MG
電話:
海人、大丈夫だよ。
みんなも待ってるから、はやくこっちに来な、待ってるからな。
海人
海人
電話:
はい。
私ちゃんとこれから向かいます。
あなた

怒鳴るかと心配したけど、電話から聞こえた声はすごく優しくて、かくにぃ…
かっこいいょ♪

ーテレビ局に向かう車内ー

髙橋さんはキンプリメドレーを歌ってくれたり、
漫画についてレクチャーしてくれたり…表情がコロコロ変わって本当に面白かった♪
私
やっぱり、元気な髙橋さんは見ていてこっちも元気をもらえます!
海人
海人
やっぱ何でも楽しんだもん勝ちだね!
私
そうですね!
車はもうすぐ、テレビ局に到着。