無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ティアラ?って??
レッスン場から少し移動したビルに到着
賀来MG
賀来MG
ここにもう一人いるから。
私
はい。
賀来MG
賀来MG
だいぶ緊張してたけど大丈夫?(笑)
私
私、人見知りなかなかなおらなくて…人前で上手く話せないんですよね…
賀来MG
賀来MG
マネージャーしてたら嫌でも慣れるから大丈夫だよ。
もう一人のメンバーの控え室に到着

コンコン(ドアノック)
ガチャ
賀来MG
賀来MG
お疲れ様。

あれ?いないわ。
探してくるから、座ってちょっと待ってて。
ついでにプロデューサーにも挨拶してくるから。
私
分かりました。
あなた

はぁ…緊張しすぎて苦しかった!
朝からどきどきしてたから疲れたょ~💦

テーブルのイスに座らせてもらってたら、睡魔が!
かくにぃ戻るまでちょっと目を閉じさせてもらおう………。
ガチャ(ドアが開いた)
(???) え?何??だれ???
  あっ!?部屋間違えました!!
あなた

今、誰か来たよね?作業着みたいの着ていたしスタッフさんかな?(ウトウトしていてよく見ていない)

ガチャ(また開いた)
あなた

ん?かくにぃ??

紫耀
紫耀
あの、すみません。
ここ、僕の部屋ですよね?
ガタッっ!!

驚いて立ち上がったら、相手の人もすごく驚いたみたいで
紫耀
紫耀
っっえーーー?
誰??ティアラさん???
紫耀
紫耀
どーしてここにいるの?
なんなの??
なにしてるの???
え?テレビ≪ドッキリ≫???
なんだか、この人パニックになってすごく焦っている…
私、完全に不審者だと思われてるよね!?