無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第76話

御結び
すごくすごく勇太くんが気を使ってくれているのを感じた…

精一杯…笑顔でいてくれてるのを感じて、すごく…胸が苦しくなった…

周りの状況を考えて、自分のキモチ抑えて…なんでそんなに…?

だけど、私が余計なことを言うのは違うと思った…
私
私が、勇太くんを守りたい
勇太
勇太
何か言った?
私
うぅん、なんでもないです。
勇太くんみたいには出来ないけど、私は私なりに出来ることをして、彼のことも守りたいって思った…
勇太
勇太
ここキッチンカーの料理、俺のお気に入りなんだ♪ なにか食べよっ!
たまたま寄ったわけじゃなく、桜井さんの紹介で、ギター屋さんに来ると立ち寄るお店だったみたい。

食事中、店員さんがテントに“貸し切り”プレートを下げてくれたので、ゆっくりごはん。
ー キッチンカーで食事中 ー
勇太
勇太
私ちゃん、なんの食べ物が好きなの?
私
私は…おにぎりが好きです♪
勇太
勇太
ぷはははは!!
私
ちょっと、なんで笑うんですか?
勇太
勇太
いや(笑)ごめんごめん💦
えっ?なんでおにぎりなの?
私
日本に遊びに来ると、おばあちゃんが握ってくれて…具は無くてもよくて。
勇太
勇太
塩むすびだね♪
私
はい、それです♪
おにぎり専門店があって驚きでした!
コンビニのも美味しくてすごいです♪
勇太
勇太
うちのメンバーもおにぎりとか、米が好きなヤツいるわ(笑)
私
そうなんですか?
日本に来て、お米がすごく美味しくて食べ過ぎちゃいます💦
私
それに、おばあちゃんに“御結び”って呼ぶことを聞いて、もっと好きになりました。なんだか素敵だな…って。
勇太
勇太
なんだか、私ちゃんらしくていいね♪
私
お米をいっぱい食べるのがですか?
勇太
勇太
あははは、そこっ!?
まぁ…そうかもねっ!
私
ちょっとー!!!(笑)