無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第90話

大人って…
登坂さん
登坂さん
ふっ♪
私
えっ?
どうかしましたか??
登坂さん
登坂さん
いや…いつもの私ちゃんに戻ったなと思ってね♪
私
あっ…
あなた

そっか…私の変な様子
…登坂さん感じ取ってたんだ…

登坂さん
登坂さん
なんかここスタジオ…変に緊張させちゃったみたいだね。
私
…あの私、場違い的な状況を意識してしまうと緊張しちゃうみたいで(笑)
登坂さん
登坂さん
ここも場違い?
俺が一緒でもそう思ってた?
私
え?? えっと…💦
あの!悪い意味では無くて!!
知らない世界な感じで…
登坂さん
登坂さん
もしかして…つまらなかったかな…
あなた

な…なんか、空気悪くなってる?…

私
そぅではないです!
すごく楽しくて登坂さんのお仕事姿も…ステキで…///
あなた

あれ?何言ってるんだろう…

私
登坂さんの優しさがすごく嬉しくて…だけど…
登坂さん
登坂さん
ん?だけど?
私
なんか、私…子ども扱いされてるみたいだなって…なんか感じて…
登坂さん
登坂さん
!?
あなた

何言ってんの!私~💦

登坂さん
登坂さん
あははは♪そりゃあね!
だって、私ちゃんまだ子どもだもん♪
私
…えっ…
登坂さん
登坂さん
仕事柄さ、人をよく観察したり、優しく丁寧な接客が身に付いてんだよね!ほめるのも仕事のうちだしね(笑)
登坂さん
登坂さん
……あの…ごめんね💦
俺さ、なんか勘違いさせてたかな?
私
いぇ、登坂さんは何も…
登坂さん
登坂さん
… … …
私
… … …
私
あの!今日は色々ありがとうございました。髪の毛も可愛くしてもらえて…
登坂さん
登坂さん
気に入ってもらえてよかったよ♪
こちらこそありがとう。
私
…えっと…私、そろそろ事務所に
行かないとならないので…
登坂さん
登坂さん
そぅ…だね。仕事遅くなっちゃうし。
私
今日は1日楽しかったです。
河野さんにもお礼をお伝えください。
えと…それじゃあ、失礼します!
あなた

…私、ほんっとにバカみたい💦

恥ずかしさ通り越して…自分に呆れてた。

それに…登坂さんの態度もなんかショックで…

とにかく早くここから立ち去りたかった…










ぐいっ!!
私
きゃっ!
…えっ!?登坂さん??
登坂さん
登坂さん
…私ちゃん…ほんっとにごめんね…
俺…いじわるしちゃった…
スタジオを出てエレベーターに乗ろうとした瞬間…急に登坂さんに腕をつかまれて抱きしめられた…
あなた

なに、これ…なんなの??

登坂さん
登坂さん
俺…こんな年下で子どもみたいな子に気持ちもてあそばれちゃっててさ…
ごまかそうとしたけど無理みたい(笑)
あなた

えっ?なに??

登坂さん
登坂さん
無邪気な笑顔がたまらなくかわいくて…近くにいるって分かると気になっちゃって…俺…ダメみたい(笑)
あなた

… … …///

登坂さん
登坂さん
私ちゃんからしたら俺はきっとすごく年上で…こんなことされてヤバイ奴に思われてるかもしれないけど…
登坂さん
登坂さん
傷付けてごめん。すごく愛おしいよ…私ちゃん…
私
…登坂…さん…
あなた

大人のやり方…ずるいよ…