無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第91話

本音と駆け引きと…
…苦しい…ドキドキが…///

登坂さんが私のことを愛おしく思っていたなんて
分からないよ…だって“友達以上は作らない”って言われていたし…

私が1人で変な様子だったこと…登坂さんはどう見ていたのかな…?大人の駆け引きみたいなことは…
私にはまだ出来ないし気付けない…。
私
…あの…登坂さん?
登坂さん
登坂さん
ん?なぁに??
私
私…よく分からなくて…
登坂さん
登坂さん
んっ??
私
登坂さんのこと…いっつも優しくて、気にかけてくれて、仕事の姿勢もかっこよくて、ドキドキして…でも…
登坂さん
登坂さん
うん。
私
私のこの感情が、登坂さんへの愛おしさなのかどうか…
登坂さん
登坂さん
…うん、そぅだよね…
私ちゃんのこと、俺が勝手に夢中になってるだけなんだよ。
私
すごく嬉しいです…けど…
登坂さん
登坂さん
ぎゅうーーー♪
私
うわっ!!
私を強く抱きしめた登坂さんの腕が離れた…
登坂さん
登坂さん
ちゃんと言ってくれてありがと♪
私
へっ?
登坂さん
登坂さん
まぁね…前にも私ちゃんには一回フラれてんだけどさ、俺、好きになるとなかなか熱冷めないから♪
私
はっ?いゃ…私と…?
前にも何かありましたっけ?
登坂さん
登坂さん
ウソでしょ!?
私
記憶が…無いんですけど?
登坂さん
登坂さん
マジでっ💦
いや前にさ、紫耀と3人でいた時に…
私
……えっ!?もしかして、誘ってくれてたり、狙うとかなんとか…
登坂さん
登坂さん
それそれ!!
私
えーっ!?あれってふざけて私のことからかってたんですよね??
登坂さん
登坂さん
まぁ…そぅ感じちゃうよね…ふざけて言ってた感じだったし(笑)
登坂さん
登坂さん
こんな年離れた子に相手にされるわけ無いしさ…だけど、気持ちは感じて欲しかったんだ…
私
登坂さん…
登坂さん
登坂さん
あははは!大人げないよね💦
俺の方がやってることガキだわ(笑)
私
私なんかに…
私
ありがとうございます!
だけど、ごめんなさい!!
登坂さん
登坂さん
こちらこそ、色々なんかごめんね💦
私
あの…これからも…お仕事で会う時に仲良くしてもらえますか?
登坂さん
登坂さん
あたりまえじゃん!
ってゆーか、チャンスがあればまた狙うからね!
私
はいっ?
登坂さん
登坂さん
なんか、今日の私ちゃん見ててもっと興味湧いちゃった♪
登坂さん
登坂さん
私ちゃん、彼氏はいるの?
私
いやいや!いませんよ💦
…ってゆーか、恋人いるか分からないのにこんなこと…///
登坂さん
登坂さん
そりゃあ、好きな子ができたら、恋人いようが関係ないよ!俺がもっと幸せにしたいって思うから♪
私
…///
登坂さんからのアプローチ…気付けなくて…応えることも出来なかったけど愛おしく思ってくれてる事は嬉しかった♪

駅まで見送ってくれて…登坂さんとバイバイした。