無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

お互いに…
私
とりあえずタオル持ってきますから、こっちロビーに入りましょ?
紫耀
紫耀
……はい。
紫耀くん、寒さで冷えてしまった様子だったので、事務所からタオルと、自分のブランケットを持ち、急いで戻ってきた。
私
お待たせしました。
頭とカラダ (衣類) 、よく拭いてくださいね。
紫耀
紫耀
えっ?はい。服脱いて拭くかな…ごそごそ…
あなた

はぃ!?……///

私
いゃいゃ💦もっと冷えちゃいます!
濡れてるので服を拭いてください。
あなた

言い方、気を付けてあげなきゃ…

私
ここに座って、これブランケット使ってください。
今、飲み物温めて来たので取りに行ってきますね。
紫耀
紫耀
あのっ!!
ぎゅつ! 

ふいに、紫耀くんに手首をつかまれた……
私
きゃっ!
紫耀
紫耀
あ!ごめんなさい!痛かったですか?
力加減おかしくて…
私
いえ、大丈夫です。
びっくりしただけです!
紫耀
紫耀
あの…一緒にいてほしい…///
私
あ、あの…でも……えっと……///
紫耀くんも…一緒にいきます…か?
紫耀
紫耀
うん♪
紫耀
紫耀
あ、はぃ…///


マグネットスペーススタッフ休憩室

温かい飲み物をいれて紫耀くんに手渡した。
紫耀
紫耀
ありがとうございます。

ゴクゴク…はぁ。
私
紫耀…くん。どうして私を待っていてくれたんですか?
紫耀
紫耀
今日、登坂さんが、私ちゃん俺のことよく思ってくれてるみたいなこと言ってくれてて…
紫耀
紫耀
だけど、他にも距離があるとか、変な空気感とか言われて…だからちゃんと一回話しておきたいなと思って。
私
私も多分…同じこと考えていました。
前に、紫耀くん、帰り道で私に声かけてくれたじゃないですか?
紫耀
紫耀
…うん。 ゴクゴク…
私
そのあとから紫耀くんから避けられているような気がしてて…
私、なにか変なこととか失礼なことしちゃったのかな?…って…
紫耀
紫耀
えっ!?
避けてない!避けてないから!!
紫耀
紫耀
俺こそ、男なのにリードしてあげれなかったし、帰りも送ってあげなくて…
なんか、ダサくて引かれたかなって…
私
全然引いてなんかいないですよ💦

だけど、そのあと他のスタッフさんと私との感じなんだか違うし…
紫耀
紫耀
俺も、それ!!私ちゃん、なんか俺にだけみんなと違うみたいな…
紫耀
紫耀
さっきも、名前の呼び方決めようってなったけど、帰りに『平野さん』って言われて、やっぱ俺だけなんかNGなのかなって…
私
あ、あれはただの言い間違えで…
ずっと『平野さん』だったので、思わず言っただけです。
紫耀
紫耀
そうだったんですか?
えっ!?ただの勘違い??
私
そぅですね…(笑)
すみません。
なんだか、、絡まっていた糸がほどけていくような気がしていた。
私
色々気にかけてくれてありがとうございます。
今日って先輩さんと会うはずだったんですよね?
紫耀
紫耀
1回行きましたけど、なんかずっとモヤモヤしてて、はっきりさせたい性格なんで、抜けてきちゃいました(笑)
私
2時間も…前からですよね…
紫耀
紫耀
はい!中に入って声かけちゃったら私ちゃん仕事出来なくなるし、待ってればそのうち出てくるかと思って。
紫耀
紫耀
まさか雨降るとは思わなかったですけどね💦
私
風邪引いてないですよね?
おかわりいりますか??
あなた

考え方とか、空気を感じとるのとか…
きっと、すごく繊細なんだろうな…

いつも紫耀くんの周りには笑顔が溢れていて、本人もすごく楽しそうだけど、きっとそのために何倍も気を使い、考えて、迷っているような気がした……