無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第97話

スタッフTシャツ
賀来MG
賀来MG
今って、何する時間だっけ!?
かくにぃの声がいつもより低くて…私もみなさんも怒られるのかとちょっと焦った…
私
…すみません。
優太
優太
あの!私ちゃんに、みんなで振り付け教えてたんです!! …真剣に!
廉
会場全員が出来る振付け、覚えてもらおと思って…俺たちが誘ったんです!
賀来MG
賀来MG
ふーん、なるほどね…
海人
海人
あの…歌も色んなの覚えてきたみたいで、それってなんか嬉しいですよね♪
勇太
勇太
この間まで俺たちのこと全然知らなかったのに、すごい成長ですよね!?
賀来MG
賀来MG
自分達の復習ためと、気分転換にもなるなら教えてあげればいいんじゃない?(笑)
あなた

ん…?もしかしてかくにぃ??
…いま、面白がってる!?

紫耀
紫耀
そぅですよね!
俺達のマネージャーだし、一緒にいる時の空き時間に教えていきますね!
玄樹
玄樹
全曲覚えるまでしっかりレッスンしてあげるからね、私♪
賀来MG
賀来MG
ただし!藤倉さんの仕事の邪魔しないことと優先順位ちゃんとするように(笑)
あなた

かくにぃ…あれは楽しんでる時の顔!

賀来MG
賀来MG
≪私が家や車で踊りながら歌ってるのみんなにも見せてやりたいよ(爆笑≫
さっきやっていたことを知ってる上で、かくにぃはたまに発動される悪ノリいじわるをしているようです…。
あなた

教えてもらうのはもぅ大丈夫だから…
これ以上あおらないで~💦

レッスン場にいるすべての人に遊ばれてる感が半端ないんだけど…

それよりも…みなさんに教えてもらうのが大丈夫やめてな理由は本当は別にあって……///



賀来MG
賀来MG
…あ、そぅそぅ藤倉さん。
私
はい。
賀来MG
賀来MG
これ、さっき言ってたTシャツ持ってきた。他のは会場に行っちゃったみたいなんで、とりあえず俺ので。
賀来MG
賀来MG
あ!これ新品だからね。ただ…サイズちょっと大きいかもしれない💦
私
大丈夫です。
わざわざありがとうございます。
優太
優太
賀来さんのじゃサイズ大きすぎない?
≪でも、私ちゃん似合うだろうな♪≫
紫耀
紫耀
俺たちも同じの持ってるょ♪
≪ペアルック♪みんなもだけど…≫
廉
サイズ…試しとけば?
≪おっきめ服とか萌える♪≫
私
あぁ…そぅですね…///
海人
海人
これも俺のデザインだよ♪♪
≪早く着てみて♪≫
私
そうなんですねっ!すごくかわいい♪
…じゃあ、あとで着てみますね!
玄樹
玄樹
え~なんで!?
≪今、着てるのみたいよ!≫
私
えっ!?
あ、デスク戻ってから…
勇太
勇太
やだやだぁ!ここで着てみてよ~♪
廉
うっわ!出た!ぐうじのキャラ変(笑)
なんで急に出てくんの!?
紫耀
紫耀
たまに出てくる謎のジン(笑)
賀来MG
賀来MG
はいはい、そこまで!
さっき言ったばっかだけど!?藤倉さん仕事あるんだからもぅ戻るんだよ。
私
明日、コンサート会場で着ますね♪
振付け教えていただいてありがとうございました。 
私
えっと…必要なものがあれば買ってから向かいますので、連絡くださいね。
(King & Prince) はーい。
みなさんとお揃いのスタッフTシャツ♪
仕事終わって着てみたら確かにちょっとは大きかったけど問題なし。 明日が楽しみ♪