第2話

RM×1
あの日は何十年かに一度の豪雨の日だったんだよな



誰1人歩いていないあの道で、傘もささずに
ただ、雨に打たれていた君は





何を思っていたの?