無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
78
2018/03/19

第1話

招待状
私、神谷あなた。
成城高校3年E組、美術部...自己紹介するのはいいんだけど...

あのね..



突然...



本当突然に



カードが送られてきたの

_______________________
Dearプリンセス (神谷あなた様)
_______________________
明後日、6月24日21時30分に地図に示してある場所においでくださいませ。

参加してくださる方には、最高の景品をご用意致しております。

明日、ドレスをお送り致します。
参加の際は、そのドレスをご着用くださいませ。

参加するかしないかは、プリン次第でございます。では、後日お会い致しましょう。
_______________________



これ、イタズラなのかな?
でも、イタズラでこんなことしないよね...。
気にしないでおこう


あ、ヤバい。遅刻する!
急げ!
学校の校門前で誰かに声をかけられた
怜羅
怜羅
おっはよー!。あなたちゃん!
あなた

おはよー。大塚くん

大塚怜羅-おおつ かれいら-
私と同じクラスの同級生だ。
大塚とは結構仲いい方なのかな...
イケメンだから女子の視線が怖いけど..ブル
怜羅
怜羅
ねえ、今日提出の英語の課題のノート見せてくれない?
あなた

え、やってないの?

英語課題は簡単だったはずだ。しかも少ない
怜羅
怜羅
やってない。めんどいもん
あなた

やりなよー!自分のためにならないよ!

怜羅
怜羅
別に留年しなきゃいいもんー
これは、ダメかな...
ふぅ、とため息をつく
あなた

良いよ。教室着いたら渡すね

怜羅
怜羅
ありがとう!神様仏様あなた様!
神様仏様あなた様って言い過ぎじゃないかと思い笑がこぼれる
あなた

ふふっ

ガラッ
教室に着いて、教室の中に入るとどこからか「おはよー」と、言う声が聞こえる
この声は間違いない。
私の大親友!由依ちゃんだ!
由依
あなたおはよ
あなた

由依ちゃんおはよ!

それから、先生が来るまで、由依ちゃんとガールズトークを楽しんでいた
俊哉
俊哉
はい、出席とるから席につけー。
そういえば、あのカード。
なんだっだんだろう。
みるからに怪しいし...
けど、気になる!最高の景品って...なんだろう.._
私が‘それ’を知るのは当分先のこと.....

___6月24日当日
本当にドレス送られてきちゃったし、行ってみようかな...。
一人暮らしだし誰かに心配かけることもないし。そうしよ
私は好奇心に負けて行くことにした
地図だとここなんだけど、ここって使われていないクラブ?本当に会ってるのかな?
おい、そこでうろちょろされたら邪魔なんだけど