無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

あの時の…
295
2020/05/04 01:13
としみつside in夢の中
あなた
あなた
としちゃん!そろそろ帰ろうか!
としみつ
としみつ
あ、うん!そうだね!
目をつぶったと思えばさっきと同じ情景が浮かんだ。
あなた
あなた
としちゃん、お買い物付き合ってくれてありがとう!
としみつ
としみつ
いいよ笑 別に…他に行きたいところは?
あなた
あなた
うーん…もう大丈夫だから家に帰って映画でも見ようよ!
としみつ
としみつ
えっ…。
この会話…どっかで聞いたことがある気がする…しかもこの場所ってあなたが事故にあった場所…てことはこの次に…トラックが…。
としみつ
としみつ
この夢はあの日と同じ…?
すると遠くからトラックが走ってくる音が聞こえた。
----------------------------------------------------------------
in病院
としみつ
としみつ
…はっ!あなた!!
俺は飛び起きた。体は冷や汗でびっしょりで息も上がっていた。
てつや
てつや
おい、大丈夫か?としみつ…
としみつ
としみつ
はぁはぁ…てつや…。
そこにはお見舞いに来ていたメンバーが立っていた。
虫眼鏡
虫眼鏡
めっちゃうなされてたけど…何か悪い夢でも見た?
としみつ
としみつ
大丈夫!なんでもないよ…
虫眼鏡
虫眼鏡
そっか、そういえば今日としみつ退院だよね?
としみつ
としみつ
えっ?もう…!?
しばゆー
しばゆー
なんでそんな驚くの?笑 喜ばしいことじゃん!
としみつ
としみつ
そうだけど…。
ゆめまる
ゆめまる
俺ら待ってるから早く準備しなよ?
としみつ
としみつ
わ…分かった…。
メンバーに言われボーッとしながら退院の準備をした。入院してからまるで光のように過ぎていった日々。ここ数日間はずっとあなたのことばかりで他のことは考えてなかった。
としみつ
としみつ
もし…次あの夢が来たら…
俺はその恐怖心を抱きながら、病室を離れた。
としみつ
としみつ
今度こそ絶対に…あなたを守る。
----------------------------------------------------------------
なつみかん
なつみかん
急展開すぎる事は許して下さい!💦