無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

現実と夢の中
296
2020/05/06 04:36
としみつside in家
としみつ
としみつ
待ってて…俺絶対あなたのこと助けるから…。
俺はベッドに体を預けそのまま目をつぶった。
----------------------------------------------------------------
in夢の中
もう一度目を開けるとあなたがそこにいた。
遠くからトラックが走る音が聞こえる…
としみつ
としみつ
来た…。
あなた
あなた
えっ?何が…。
どんどん迫ってくる…あの日と同じだ…運転手を見てると…やはり居眠りをしてる…。
としみつ
としみつ
助けなきゃ…。
その途端にあの時の恐怖と後悔が押し寄せて俺の足が言うことを聞かなくなった。
としみつ
としみつ
くそ!動け…動けよ…!!
あなた
あなた
あっ…。
もう危ない…トラックとの距離はもう数メートル。俺は勇気を振り絞り足を前に踏み出した。
としみつ
としみつ
あなた、危ない!!
あなた
あなた
わっ!
間一髪であなたを突き飛ばし、何とかギリギリトラックから避けることが出来た。
としみつ
としみつ
はぁはぁ…あなた、大丈夫?
あなた
あなた
うん…平気…としちゃんは?
としみつ
としみつ
大丈夫…だよ?良かった…あなたが無事で…
あなた
あなた
なんで…泣いてるの?
としみつ
としみつ
えっ?あ、これは…
あなた
あなた
変なの…。
としみつ
としみつ
えっ?
あなた
あなた
いつものとしちゃんじゃない…。
としみつ
としみつ
どうしたの急に…
あなた
あなた
だってデート中に何度もいなくなるし、さっきのトラックだって…!!としちゃん…まるで何が起こるか分かってたかのように私を助けてくれた…。
あなた
あなた
どうしちゃったの…。
あなたはここが夢の中だと分かっていない…だからいつかは離れなければいけないって事を…現実のあなたの様子を伝える時が来たみたいだ。
としみつ
としみつ
あなた、今から言うこと信じてくれる?
あなた
あなた
うん、聞くよ?
としみつ
としみつ
俺、現実から来た…
あなた
あなた
えっ?何言ってるの?
としみつ
としみつ
ここは俺の夢の中なんだよ…!!
あなた
あなた
どういうこと?
としみつ
としみつ
俺が途中で居なくなるのも…トラックの出来事を知ってるのも…俺が現実とここを行き来してるから…。
あなた
あなた
そう…なんだ…。
としみつ
としみつ
信じられないよね…
あなた
あなた
正直、まだ…でも一つ聞きたい。
あなた
あなた
トラックの出来事って何?もしここが本当に夢の中なら現実の私に何が起こったの?
としみつ
としみつ
現実のあなたはあのトラックに轢かれた…俺を庇って…助けてくれたんだ…。
あなた
あなた
えっ?
としみつ
としみつ
今は病院で植物状態のまま目を覚まさないんだ…。
あなた
あなた
そうなんだ…
としみつ
としみつ
ごめんな、あなた…俺現実のお前を守れなかった…。
あなた
あなた
ううん…としちゃんを守れたならそれでいいよ…きっと現実の私もそう考えてるはず…。
としみつ
としみつ
うん…
あなた
あなた
でも…ここが夢の中ならとしちゃんとお別れしなきゃいけないんだね…
としみつ
としみつ
うん…。
あなた
あなた
植物状態って事は私は目を覚ませない…そしたらとしちゃんはまた悲しい思いをする…私さ、としちゃんが悲しんでる顔を見るのが辛い…だから最後に教えて…
あなた
あなた
現実とここ…どっちがいい?
としみつ
としみつ
えっ?
あなた
あなた
ここなら私は元気だからとしちゃんのそばにいてあげられる…けど現実に戻っちゃえば私は何も出来ない…出来ることならこのまま…ここでとしちゃんと暮らしたい。
としみつ
としみつ
俺は…。
----------------------------------------------------------------
なつみかん
なつみかん
ちょっと長くなりすぎました💦