前の話
一覧へ
次の話

第5話

おにいちゃんと🔞🔞🔞
6,956
2019/02/20 08:05
あなたside

誰かに胸、触られてる...?

あなた)ふん、んん
風磨)エロ‪w

え、ふうま!?の声した...?
な訳...。
うっすらと目を開いてみる

風磨)あー起きちゃった
あなた).....えっ
風磨)ん?

胸をもむのはやめたけど、
また風磨の手が私の胸の上に置いてある

あなた)なに...してんの...
風磨)なにってわかんねーの?

あなた)分かるわけないじゃん!!離してよっ!!
風磨)家に帰ったら抱いてやるって俺、言ったよな?
あなた)あっ...。

そうだ、家に帰る前私を抱きしめてくれて
"家に帰ったらまた抱いてやる"なんて、
言ってた気がする...。
あれって🔞の方の抱いてやる。だったんだ。

風磨)お前の考え、当たってたみたいよ‪w
あなた)そんな...//
あなた)でも、私と風磨は兄妹なんだよ?義理の兄妹だけど...。
風磨)そんなの分かってるけど、お前を妹としては見てらんないだよ...
あなた)えっ...。
風磨)お前と言葉を交わしたり触れ合うだけでドキドキすんだよ。
あなた)風磨、そんなふうに私の事...。
風磨)こんなこと言わせんなよ///
あなた)だって...///
風磨)まぁでもここまでしちゃったからやんないとな?
あなた)ここまでって胸だけじゃん。‪w
もう帰ってよ。
風磨)何言ってんの、逆らえるとでも?
あなた)ん...。
風磨)始めよーか。


風磨が私の胸をまた揉み始める。

あなた)ふん、ん、
風磨)お前ってこんなに胸エロかったっけ?
あなた)せい、ちょう、しただけ...
風磨)大人になったんだな‪w

風磨が私の乳首を吸い始める

あなた)んっんっんぁっ
風磨)えっろ
あなた)だって///んっんっ
風磨)感じてんの?
あなた)そりゃっ///んっんあっ、

風磨)もうそろそろいいかな
あなた)えっ

風磨が下の方に手を伸ばす。

あなた)そこはっ...///
風磨)逆らえねーよ?

風磨が私の下着の中へ手を入れる

風磨)うわ、めちゃくちゃ濡れてんじゃん‪、足、開けよ
あなた)やだっ///
風磨)いいから

渋々脚を大きく開く

風磨)やっぱ、エロ...///

私のアソコで風磨の大きな指が激しく動く。

クチョクチョ

風磨)やらしい音だな‪w
あなた)んっ、ふんっ、んぁ
風磨)激しくイカせてやるよ。
あなた)いやっ、んっ、だ、め、んっ、んはっ

もっと風磨の指が激しく動く。
私の気持ちいい部分を突いてさらに指に動きをつける。
こんなの...

あなた)んぁっ、ん、んはっ、イクっっ、んっ
風磨)イケよ
あなた)んはっはっ、んっ、イクっっ
風磨)エロいなぁ
風磨)そんな喘いでたらお母さん来ちゃうよ?

風磨が私から大量に出た液を舌で絡ませる。
アソコもなめてる...?

風磨)腰、ヒクヒクしてる‪w
あなた)だって///

どんどんどん

待って、お母さん来たかも



風磨side

どんどんどん

ん、母さん来たか?
やばいな

でもあなたが声を出さないようにと
口を手で隠してる光景がエロ過ぎる。

パジャマも下着も俺が脱がしたからあなたは
今すっぽんぽんだ

もう少しで良いところってところで、
母さんめ...。

どんどんどんどんどんどん

足音が近づいてくる。
ベットにはあなたが脚を開いて
仰向けになっている。

ガチャっ

風磨)やべっ
あなた)ふはっ!?

俺は急いであなたに布団をかぶせ、
俺もその中に入った

母)もうあなた寝たのね。暖房消しときましょ

母さんが部屋から出ていった。
一安心だ。

あなたside

やば...。お母さんにバレなかったのは一安心だけど、この状況...やばいよ!?

あなた)ふんっ、んっ

風磨が私のあそこを舐めてる

風磨)中断しねーよ?いれるから。
あなた)へっ、

布団を取られると、
風磨はパジャマの下と下着を脱いで、
私の上にまたがる。

すると風磨のアソコが露になる。
お兄ちゃんのアソコを見るなんてなんだか
恥ずかしい...。それに、大きぃ...。

あなた)//////
風磨)俺のがデカいのお前のせいだから
あなた)...///
風磨)入れんね
あなた)ちょっ、まっ

ズプッッッッッッ

風磨のはすっごい大きくて熱を帯びてる。
中島先生のとはまた違う...。

あなた)んっ、んはっ、あんっ、んっ
風磨)やべーな

風磨が激しく体を動かす。

最初は痛かったけど段々と快感に変わっていく。

風磨)きもちい?
あなた)んっ、んはっ、ふんっ
風磨)答えろよ
あなた)きもち、い、んっ、んっ、あんっ
風磨)それは良かった

風磨がディープキスしてくる。

この状況で!?

風磨の舌が私の舌を刺激する。
さっき風磨が舐めた私のアソコの液体も
私の舌に絡まる。

やばい、キスしながらイクなんてっっ

一旦風磨が私の口から自分の口を離す。

風磨)いれながらキスするのとかやってみたかったんだよ
あなた)んんっ、そ、うだったんだ

ああ、風磨やっぱりした事あったんだ。
S〇X。
まぁもう高3だもんね?
そりゃそうか。
でも嫉妬しちゃう自分がどこかに居る...

まだ風磨の大きいのは私の中に入ってる。

あなた)んっんっはん、もう、イクっっ
風磨)揺らしてやるよ

風磨はまだそれを抜かないで、
さっきまでよりも激しく動かす。

あなた)んっもうっ、はんっんはっイクっっ
風磨)おれ...も///
あなた)んぁぁぁぁ。
風磨)イったな?
あなた)ん...。

コクっと頷く

風磨)お疲れさま。
あなた)うん//

風磨があんなSなんて...。
それに、風磨のアソコがあんなに大きいなんて...。

ってやっぱり私変態過ぎる

あなた)もう眠くなっちゃった...。
風磨)そうだよな...おやすみ。

服を着て寝ようとする。
風磨も私と同じベットで、寝るの...?

風磨))じゃあな。また明日。
あなた)あ、うん...。
風磨)もっとヤって欲しかったか?
あなた)そんなんじゃなくて...//
風磨)まぁでも今日はこれで終わりな。
あなた)うん...。

風磨)ちゅっ。
あなた)!!!
風磨)照れてんの?かわい。おやすみ。
あなた)///...。おやすみ。


お兄ちゃんとヤっちゃった...。
そういう罪悪感があるけど、
今のキスで全部無かった事のように
なって私は眠りについた。



風磨side

あなたの部屋を出た。
妹のあんな姿を見るのは少し恥ずかしかったが
興奮した。


明日はキスで起こしてやろうかな。

あぁ、好きだあなた

おやすみ。





次の日の朝___

あなたside


そろそろ起きないとなぁ...。

風磨)ちゅっ
あなた)、!
風磨)おはよ

風磨が照れながら部屋を出ていった

もう、なんなの。
朝からドキドキさせるなんて!!

あぁ、今日も学校だ、支度しないと。



学校着___

中島先生)おお、あなたおはよう
あなた)げっ、おはようございます...
中島先生)なんだよ、笑
あなた)なんでもないです///

私は中島先生の横をスタスタ通り過ぎる

昨日の事覚えてんの?
私の初めてを中島先生は奪ったんだからね?


勝利先輩)あなた、おはよ
あなた)おはよ、うございます
勝利先輩)ランチタイム来てくれる?俺のクラスに。
あなた)えっ...。わか、分かりました。
勝利先輩)じゃあね


勝利先輩。
そうだ、昨日告白されたんだ。
その事かな...。でも、
もうあんまり深く考え過ぎない方がいいよね?




次回は勝利先輩と...🔞///

プリ小説オーディオドラマ