無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

714
2021/09/09

第4話

🦑
ジョングクside__


俺は 別に あいつ…あなたの事が嫌いじゃない


と言っても 好きでもないんだけどな


いつも話しかけようとしてもヒョンに止められたりヒョンの流れに乗ってしまう だからいつもあなたを傷つけてしまう


謝るタイミングもなければ話すタイミングさえない
ジョングク
ジョングク
はぁ…
それに、ヒョンたちが デブとか豚とか言うから あなたは日に日に痩せていってる気がする


ダンス練習だって時々来ても踊らずヒョン達に責められ出ていく 歌の練習もしてないのかそれとも痩せすぎてなのか声もかすれてる
ジョングク
ジョングク
クソ……
ジョングク
ジョングク
なんで俺…思ってもねぇのに流れに乗るんだ…?
止められたらいいのにな……
ジョングク
ジョングク
てか、あなた腹減ってさっき来たんだよな、
ジョングク
ジョングク
なんなら、いつも何食ってるんだろ、?
リビングには水を飲みに来るぐらいしかあなたは来ない


夜にリビングに来てもあさる音とか聞こえないしな、
ジョングク
ジョングク
まさかあいつ、断食…いや、なにも食えねぇのかも…
俺は部屋を出て あいつの部屋まで行った
ジン
ジン
お!ジョングガぁ!



はぁ…また邪魔が入ったよ
ジョングク
ジョングク
なんですか?ヒョン
ジン
ジン
ちょっと手伝ってくれないか!
ジョングク
ジョングク
あーごめんなさい ちょっと用事があるんで
ジン
ジン
お、おう、そうか
ジン
ジン
誰にだ?
ジョングク
ジョングク
あいつにですけど
ジン
ジン
え!?な、なんの用事だ、?
ジョングク
ジョングク
ストレス発散しに行くだけです
ジン
ジン
そうか笑 よかった笑

なにがだよ…


俺は無視して行った

Next➥