第27話

🫧Murder on D Street
1,946
2022/10/22 14:45




@ 中島敦side




杉本巡査の背中に手を当て 、腕を捻り 、体勢を崩させた 。
ï¹£
は 、離せ .ᐟ.ᐟ 僕は関係ない
江 戸 川 乱 歩
逃げても無駄だよ
江 戸 川 乱 歩
犯行時刻は昨日の早朝
江 戸 川 乱 歩
場所は此処から三十メ﹣トル上流の……造船所跡地
この言葉に杉本巡査は叫んだ 。
ï¹£
何故其れを !?
江 戸 川 乱 歩
そこに行けば有る筈だ 、君と被害者の足跡…それに消しきれなかった血痕も
杉本は肩を落として悔しさに顔を歪めた 。
ï¹£
続きは職場で聞こう
箕浦は失望したように杉本に言った 。
ï¹£
お前にとっては“最後の職場”になるかもしれんが
_____



夕焼け空が窓から見える 。


暗い夕焼けの明かりだけが入るこの部屋は 、事情聴取に使われた 。
ï¹£
撃つつもりは無かったンです
ï¹£
彼女は大物議員の犯罪を示す証拠品を入手したンです
ï¹£
しかし 、議員も老獪で警察内のスパイを使って其の証拠を消そうとしました
江 戸 川 乱 歩
其のスパイが君と云う訳だね
杉本は俯いた 。
ï¹£
昔から警察官に憧れていました
ï¹£
試験に三度落ち 、落ち込んでいる時に男に声をかけられました
「 ど う し て も 警 察 官 に な り た い か 」
ï¹£
議員の力で警察官になった僕は見返りに指示に従っていました
ï¹£
其れでお前は議員の犬として山際を殺したのか .ᐟ.ᐟ
箕浦の言葉に杉本は必死になって首を振った 。
ï¹£
違います .ᐟ ……自分は警告を…
ï¹£
此の儘では消されるから証拠を手放せと 、でも彼女はッ…




杉本 「 山際さん 、相手は本気です 」

山際 「 ならば此方も本気になるだけよ 。馴染みの検察に渡りは付けたわ 。後は此証拠品を渡すだけ
」

杉本 「 …… 」


杉本は拳銃を突きつけ 、撃鉄を起こす 。


山際 「 杉本君… ? 」

杉本 「 証拠品を渡して下さい 。若し僕が証拠の奪取に失敗すれば次は殺し屋が動く 。其の前に…… 」

山際 「 銃を降ろしなさい杉本君 、貴方に私は撃てない 」

杉本 「 其の通りだ…… 」

杉本 「 だから .ᐟ.ᐟ 脅し方を変えるッ 」

山際 「 辞めなさい杉本君ッッ .ᐟ.ᐟ 」


揉み合いになった瞬間 、銃声が鳴り 。


発射された銃弾は偶然にも山際の胸を撃ち抜いていた 。




江 戸 川 乱 歩
ねえ杉本君
乱歩は彼の背後に立つと意地悪そうに微笑んだ 。
江 戸 川 乱 歩
彼女の最期の言葉 、当ててみようか
ï¹£
.ᐟ.ᐟ
江 戸 川 乱 歩
“ ごめんなさい ”
山際 「 ご め ん … な さ い …… 」
江 戸 川 乱 歩
だね ?
杉本は机に顔を近ずけて涙を流し始めた 。


ぽ ろ ぽ ろ 、、


滝のように溢れ出る 。
ï¹£
本当に……全てお見通しなんですね…
ï¹£
証拠品は僕の机の引き出しに在ります
太 宰 治
…
中 島 敦
…






@ 有栖川あなたside




ハンプティダンプティに礼を言い 、


手当してくれたチェシャ猫とも別れた 。


直ぐに鏡を通ると芥川が倉庫内の貨物に座って待っていた 。
有 栖 川 あなた
ごめんなさい 、怪我は
芥 川 龍 之 介
無い
有 栖 川 あなた
帰りましょう
芥 川 龍 之 介
嗚呼
二人は迎えに来た樋口の車に乗って帰った 。
樋 口 一 葉
怪我されたンですか ?
所々服が銃弾によって破けている有栖 。


返り血や自身の血が付着していた 。
有 栖 川 あなた
少し 、でも手当てしてもらったから大丈夫
樋 口 一 葉
凄いですね 、有栖川さん
有 栖 川 あなた
何故 ?
樋 口 一 葉
拳銃一本で何人もの機関銃相手に戦う所ですよ 、強くて素敵です
有栖は少し微笑んだ 。


頬に手を抑えて口を尖らす 。
有 栖 川 あなた
て 、照れるな……
樋 口 一 葉
う﹣ぅぅぅぅ 、可愛いッ
唇をきゅっと結び 、幸せそうな樋口 。


運転しているのだから前を見て欲しい 。
有 栖 川 あなた
芥川君も強くてかっこいいよね
樋 口 一 葉
ハッ 、そうです 、先輩も凄く凄く強くてかっこいいです .ᐟ.ᐟ
芥 川 龍 之 介
煩い樋口
樋 口 一 葉
はいッッ .ᐟ.ᐟ
 元 気 … 。
有 栖 川 あなた
戦闘型の異能力が良かったなァ
樋 口 一 葉
有栖川さんは支援向けですよね
有 栖 川 あなた
うん 、単独での仕事は基本潜入だし
有 栖 川 あなた
こうして戦いの仕事は誰か居るのが基本
樋 口 一 葉
首領に大切にされていますね
有 栖 川 あなた
まァそうだね
 此 能 力 は 限 界 迄 引 き 出 さ な け れ ば …… 。


 弱 く な れ ば 、


 死 ぬ 。












 “ 見 捨 て ら れ る ”












有 栖 川 あなた
( 見捨てられるのは一番嫌だな… )


芥 川 龍 之 介
……












n e x t ⇒





プリ小説オーディオドラマ