プリ小説

第19話

さよならエレジー
僕は今 無口な空に

吐き出した 孤独という名の雲

その雲が雨をふらせて

虹が出る どうせつかめないのに

初めてのキスを

繰り返して欲しくて



愛が僕に噛みついて

離さないと言うけれど

さみしさのカタチは変わらないみたいだ

舞い上がってゆけ

いつか夜の向こう側

うんざりするほど光れ君のうた




優しさが濁った日々の

憂鬱は満員電車みたいだ

冷めた温もりを むやみに放りなげた


僕が愛を信じても きっといなくなるんだろ?

それならいらない

悲しすぎるから

さようならさえも上手く言えなそうだから

手を振る代わりに 抱きしめてみたよ

流れ星をみた 流れ星をみた

願う 僕の歌



そばに居るだけで 本当しあわせだったな

そばに居るだけでただそれだけでさ


愛が僕に噛みついて 離さないと言うけれど

さみしさのカタチは 変わらないみたいだ

舞い上がってゆけ いつか夜の向こう側

うんざりする程光れ君のうた

もう傷つかない

もう傷つけない

光れ君の歌




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作者はカラオケに行ったら

嵐の曲とさよならエレジーをエンドレスで

歌っています、、、、、、、、

めっちゃ熱唱!

そして高得点出して喜んでる、、、、、、、、

(この報告?は要らないと思うけど、、、、、、、、)


次回も見てください!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Marina
Marina
よろしくでーす‼️ 恋愛ものとかポエム書いてるんでよかったらみて‼️ っていうかみて!!
ポエムの作品もっと見る
公式作品もっと見る