無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

桜の季節



放課後、いつものように生徒たちの楽しげな声が響く中、僕は1人校舎を出る。
















僕の通うこの栄峰中学校には1本だけ、大きな桜の木がある。










今年も綺麗に咲いてるなぁ...。写真映えしそう。











カシャ











光川 和樹
お、桜撮ってんの?
光川 和樹
お前写真ほんと好きだよな〜
瀬川 蒼
うん、元々父さんの趣味だったんだ。習ってるうちに僕も。
柏木先生
そうだったのか、だからカメラをいつも持ってるんだな。
光川 和樹
うわぉ、かっしー?!
瀬川 蒼
柏木先生、こんにちは。
柏木先生
はい、こんにちは。
柏木先生
ところでこの木の話、知ってるかい?
光川 和樹
何それ、すげー気になる!






これはこの大きな桜の木が植えられた頃の物語。