プリ小説

第4話

普通の撮影

あなたside





今日は、朝から雑誌の撮影です.





仕事楽しいけど、撮影はめんどくさい...













カメラマン「あなたちゃん!撮るよ〜」





『 はーい♡』





カメラマン「僕の前でぶりっ子は大丈夫だよ.もう知ってるし」




『あ、そうだった.じゃあ早く撮りましょ 』




カメラマン「はいはい.じゃあいくよ〜」













カメラマン「よし、OK.おつかれ」





『 お疲れ様でしたー』












やっと撮影終わったよ.



よし、今日はデブ活して帰るか
ケーキでも買ってこ











~LINE~

※みいちゃん=Sexy Zoneマネージャー
み い ち ゃ ん
みんな、社長呼んでるから全員集合
ふ う ま
おい、松島何やったんだ?
そ う
え!?僕じゃないよ!
あなたじゃないの?
あなた

松島、お前何を言っているんだ

け ん と
姫はそんな事しないぞ!
みんなして髪の色がすごいからじゃないか?
し ょ う り
はいはい、うるさいよみんな
ジャニーさんのとこ行くよ
み い ち ゃ ん
勝利、しっかりしてて助かるわ
早くみんな来てね
あなた

りょ






私は何もしてないぞ





最近ぶりっ子やりすぎたか?












いやいやいや、うんわけないか













私のデブ活の時間が〜








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

M i y a
M i y a
JC3 新規です. . . Sexy Zone 佐 藤 勝 利 SixTONES 松 村 北 斗 TWICE ジヒョ・チェヨン 更新🐢
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る