第2話

1
黒尾「あなた!ちょっと」



「今行く」



どうも音駒高校3年5組で男子バレー部のマネージャーをしている普通の女子高生です!



猫又「どうだ 慣れたか?」



「だいぶ慣れました 3年で引越してきて急に男バレのマネージャーになってくれって言われたのにはびっくりしましたけど」



猫又「すまんなぁ 黒尾のクラスに元男バレのマネがきたって言うからな」



「全然いいですよ むしろ誘ってくれて嬉しかったですから」



猫又「そうかそうか 部員とはどうだ?」



黒尾「すっかり懐かれてるよな」



「主にリエーフからね」



黒尾「そうか?研磨も懐いてると思うけど」



「研磨からは違う意味で懐かれてるの」



研磨はゲームが好きで私も好きだからオフの日にゲームをするような仲にはなる事が出来た。



猫又「本題にいってもいいかな?」



「今からが本題なんですね」



猫又「あぁ もうすぐ夏休みだ 1週間他校と合宿する事になった」



黒尾「今年もかぁ」



猫又「参加校は梟谷 音駒 烏野そして」



「ちょ、ちょっと待ってください?まさか青葉城西とか言うんじゃ「正解だ」」



猫又「なんだ?久しぶりに会えていいじゃないか」



「そ、そうっすね...」



監督ぅぅぅ
そういう問題じゃないんだよぉぉぉ



そう 私は3ヶ月前青葉城西から音駒に転校してきた。
そりゃ2年間一緒に頑張ってきた仲間が居るから会いたいけど会いたくない人も中には居る 1人だけな!1人だけ!!



黒尾「あなたさーん 顔が暗いですよ〜」



分かって言ってきてるんだよなぁ(キレ