第23話

22
黒尾さいど


練習試合ってこんなイライラするもんなの?
うまくブロックできない時とかはそりゃイライラするけどさ

今回のはちょっと意味が違う

孤爪「ラスボスみたいな顔してたら嫌われるよ」



黒尾「それこの前あなたにも言われた」



灰羽「なんか分かる気がします」



黒尾「おぉっとフォローというものを知らないねリエーフくん」



今は休憩中。
それぞれ1試合終わったら少しの休憩をする。



黒尾「お、木兎今日調子いいな」



夜久「しょぼくれモードはまだまだ先っぽい」



梟谷と烏野の試合が今終わったそうだ。



木兎「黒尾へいへいへーい!」



黒尾「水分補給しろよ 死ぬぞ」



木兎「飲んできた!」



赤葦「嘘つかないでください 試合終わったと同時に黒尾さんの元に行ったくせに」


呆れた顔でこっちに向かってくる赤葦
これほど頼れる副主将はあんまいねぇよな



木兎「それより!お前んとこのあなた青葉城西にいるのなんで?」



黒尾「あー、それは向こうからの指示で」



赤葦「向こうって青葉城西のですか?」



黒尾「そー あなたの元カレが居んのよ」



木兎「あなたの元カレ…?」



恋愛に興味ありませんみたいな木兎でさえも気になるらしい。


赤葦「なるほど それで喧嘩売りに行ってたわけですね」



黒尾「さっきの試合見てたんすか」



赤葦「えぇ チラッとですけど」



木兎「どいつ?!」



黒尾「見てれば分かるよ ほらあのくっつきよう」



木兎・赤葦「「…なるほど」」



なんか今納得したな 納得しただろ
俺でも分かってるよ あの二人がお似合いな事くらい。


赤葦「まぁ 元カレなので今は関係ないと思いますけど」



黒尾「それがあるんだよなぁ 及川もまだ好きってさっき本人に言ってたから」



木兎「でも先に言ったのは黒尾だろ?」



黒尾「そうだけど」



正直この際、先とか後とか関係ない
でもやっぱり向こうの方が有利なのは有利だ。



木兎「1回別れてんだからもう気持ちはないんじゃねぇの?」



確かに会いたくなかったとか言ってたな



木兎「俺恋愛とかあんま分かんねーけど黒尾の方に行くと思う」



赤葦「ちょっと木兎さん なんの根拠もないのに言ったらダメで「根拠はねーよ」はあ…」



木兎「でもあなたがお前に気があるのは確かだ!」



黒尾「根拠ねぇのに言えるのすげぇな でもありがとう」



木兎のこういう勘とか真っ直ぐな目には毎回負ける。
それで元気づけられる時も練習試合組んだ時にまぁまぁある。



こいつなりにフォローしてくれたんだろな




~コートに戻っていく時の木兎と赤葦~


赤葦「さっきの 木兎さんが言いたいこと何となく分かります」



木兎「だろ?あなたがこっち来て黒尾に告られた時からあなたは黒尾に少し気があるなとは思ってたんだよ」



赤葦「なんでですか?」



木兎「んー?そりゃ練習試合とか組んだ時に見てると明らか見る目が違かったりしたからな」



赤葦「恋愛無縁の木兎さんが… 凄いですね」



木兎「赤葦、今サラッと酷いこと言ってない?」



赤葦「恋愛出来なさそうなとか言ってませんよ」



木兎「言ってんじゃん!」