第19話

18
青葉城西が先サーブらしい。


会ってない間にどれだけあのサーブがレベルアップしてるか...だよね



「ナイサー」


「及川ナイサー」


キュッ


あ...いい感じ


ドゴッ


花巻「...まじかよ」


シーン...


いや待って聞いてない聞いてない
こんなに威力上がってることある?!
今ボールすごい形してたよ



黒尾「はぁ?!」



孤爪「あんなの取ったら腕もげる」



夜久「なまで見た方が倍すげぇな...」



及川「うん いい感じ」



そう言ってこっちを見た。



及川「あなた見てた?」



「...見てない」



及川「嘘だよね?!そんな分かるような嘘つかないでよ!」



くっそ... 認めたくないけどサーブで点取る力はあの若利くんと並ぶ。

このサーブの攻略法をとりあえず書いて昨日送ったけどここまで進化してると思っていなかった。



「悔しいな」



溝口「口に出てるぞ」



「そりゃ出ますよ あんなのやられたら」



溝口「お前が向こう行ってから狂ったように毎日自主練してたからな」



「ちょっとは可愛いとこありますよね」



溝口「"可愛い"ねぇ 今の及川に言ったら嬉しくないって言われるんじゃねぇ?」



「そう、ですね...」



かっこいいなんて思っても絶対口に出してやんない。
絶対に...



キュッ



絶対言わない...



ドゴッ



黒尾「ナイス!カバー!」



及川「岩ちゃん!」

ドゴッ

岩泉「ナイストス!」



「...かっこいい」



この徹のサーブで相手を乱してからの徹のセットアップ
これが一番好き。

これは多分私がマネージャーしてなくても徹がかっこいいって思う瞬間だ。



及川「あ!」



そしてそれが決まったあと



「よくやった!」



徹がこっちを向いてピースするのが私たちのお決まり。



及川「おうよ!」



きゅん



「...っ」



いや、きゅんじゃないから
恋愛初心者みたいなときめき方すんな!

落ち着け