無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

第12章……が ん ぼ う
まゆ side


うらやましい。







その思いが芽生えた。








あなたは芸能人と普通に会える。







もちろん







女優の友達なんてなかなかいない。







誇りに思っている。







でも、、、







でも………………








どんなに誇りに思っていても







ヤキモチは







やいてしまう。。。







相葉くんと私が








結ばれないことくらい








分かってる。








でも、苦しくて








悲しくて








少しでも嫌だと思う自分がいた。








〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アイバマサキ
アイバマサキ
あなたちゃんってどんな子?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







この言葉を聞いたとき








胸がざわついた。








なんであなたのことなんだろう








私のことは興味ないのかなって








おこがましいけど








そう思ってしまう自分がいた。








ダメだと分かっていても








リア恋をしている私にとっては








とても辛いものだった。。。








1度でいいから








相葉くんと結ばれてみたい。








願望。