無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

第4章……ど き ど き
あなた side
もうすぐかな……



やばい。
これこそ手に汗握る大激闘じゃん。


ある意味戦いだよね、、もう、、笑




すると1台の車がうちのマンションの駐車場に入ってきた。
キキーッ
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
おまたせ。
あなた
あなた
いえ!全然!
あなた
あなた
ありがとうございま……
車から降りたニノは……




私が想像してたより




はるかに、はるかにかっこよかった……
あなた
あなた
ボーッ///
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
ちょっ……あなたちゃん?
あなた
あなた
あ、あ、すっすみません!!//
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
うん。乗っていいよ。
あなた
あなた
ありがとうございます!!///
やばいやばい。

顔赤いかも……


だってニノがかっこいいのが悪い!!


…………

かっこよすぎるよ……ニノ……



私の目はニノのほうに固定されているかのように、ニノから目が離せなかった。
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
どうしたの?
あなた
あなた
え?
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
ずっとこっち見てるけど
あなた
あなた
あっ……えっと///
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
俺がかっこよすぎた?笑
あなた
あなた
はいぃ……////
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
…………でしょ?))ニヤッ
あなた
あなた
ふふふっ笑
あなた
あなた
はい!//
やばい。心臓、動きすぎ。





多分今日は私の命日かな。笑