無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第2章……は じ ま り
リーダーが帰ったあとの楽屋にて
アイバマサキ
アイバマサキ
え、リーダーってあなたちゃんのこと、好きになったのかな?
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
ふーん。そうだとしたら俺のライバルか。
マツモトジュン
マツモトジュン
ニノ?
サクライショウ
サクライショウ
え、ニノ?
アイバマサキ
アイバマサキ
ん?どうしたの?
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
相葉さんは知らなくていいよ))ニヤッ
アイバマサキ
アイバマサキ
ぇぇぇぇ!! 気になる気になる!!
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
じゃあ俺も帰ろうかな。
マツモトジュン
マツモトジュン
ちょっと待って
マツモトジュン
マツモトジュン
俺もだからね?
アイバマサキ
アイバマサキ
え?え?
サクライショウ
サクライショウ
へぇー松潤もか
アイバマサキ
アイバマサキ
え?なんで翔ちゃん理解してんの?
サクライショウ
サクライショウ
まあ2人で見守ろうか。
アイバマサキ
アイバマサキ
ん?
アイバマサキ
アイバマサキ
あーーー!! え、え、そういうこと!?
アイバマサキ
アイバマサキ
ニノも松潤もどっちも好きってことか!!
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
相葉さん、遅い
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
じゃ
マツモトジュン
マツモトジュン
じゃー俺も帰るわ
アイバマサキ
アイバマサキ
お、おつかれ!
サクライショウ
サクライショウ
おつかれー
バタン🚪