無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

第7章……か い ま く
サクライショウ
サクライショウ
じゃあ俺らも飲み屋に移動しますか
翔 side
はぁーー

やっと開幕できたぜ笑




実は俺、待ってたんだよね笑
このタイミング笑







なんかスッキリしたわ
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
行こう!!
サクライショウ
サクライショウ
うん!



飲み屋にて…
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
ってか翔ちゃんも好きだったんだねえ
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
気づかなかったよ
サクライショウ
サクライショウ
隠してたからね……笑
俺らがいるとこは完全個室居酒屋。


ニノが基本ラフな格好で変装とかしないから
困るんだよな……笑
ガラッ🚪
店員
失礼します。サラダです!
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
あ、ありがとうございまーす
サクライショウ
サクライショウ
ありがとうございます!!



空いているドアからふと通路をみると……








俺が、、いや、俺らが1番会いたい人に会った。
あなた
あなた
あれ? 櫻井さん、二宮さん!!
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
あなたちゃん!
ニノの顔が分かりやすく、緩くなる。
サクライショウ
サクライショウ
飲みに来てんの?
あなた
あなた
はい!! 1人で笑
サクライショウ
サクライショウ
1人で!?
ひとりでこんなとこ……笑
あ、そうだ
サクライショウ
サクライショウ
一緒に飲む?
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
そうだね!一緒に飲もうよ!
あなた
あなた
いいんですかっ!?
あなたちゃんの目が輝いた。
かわいいな、おい///



俺は手招きして、隣に誘った。










少しニノが拗ねてた。笑
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
翔ちゃん隣いいなあ
あなた
あなた
あ、櫻井さんの隣がいいですか?
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
あ、いやいや、そういう意味じゃなくて、、
あなたちゃんの隣がいいな!ってこと……!!
あなた
あなた
えっ!?
あなた
あなた
いくらでも隣に行きます!! ってか行きたいです!!
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
えっ/// ほんと?///
あなた
あなた
はい!!
絶対に気づいてないな笑 これは笑
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
あなたちゃん、優しくてかわいいから好きい
あなた
あなた
ええええっ/////
サクライショウ
サクライショウ
ごめん。多分ニノ酔ってる笑
あなた
あなた
あ、そうなんですか……笑




かわいい……))ボソッ
サクライショウ
サクライショウ
あなたちゃんの方がかわいいよ?
あなた
あなた
え?////
サクライショウ
サクライショウ
あ、、
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
Zzz……
サクライショウ
サクライショウ
ニノ寝ちゃった笑
サクライショウ
サクライショウ
あ、そういやさ、連絡先交換とかいい?
あなた
あなた
えええええ!!!!