無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

第4章……ど き ど き
和也 side




ただいま5時……



まだ5時かよーー

やることないし、もっかい寝よ






………………




寝れない




しょうがねぇや

起きよ。とりあえず。





連絡は……ないな
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
あ…
やばい!服……





え、俺そんなおしゃれなの持ってないよ~



どうしよう。なんかあったかな?
あ!誕生日にJからもらった服着れば完璧じゃん。。



…………


かっこいいな……笑




あ、あと髪型。

ちょっとなんかしなきゃな。





とりあえず俺は髪をといた。





…………
なんか俺、今日……







気合い入りすぎじゃね?



なんかいつもの俺じゃないな。
まぁいっか。
いろんなことをやって、ふと時計をみると、
10時40分をしめそうとしていた。
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
やっべ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
あなたちゃん、おはよう!
今から出るね。
あなた
あなた
はい!下におりておきます!
ニノミヤカズナリ
ニノミヤカズナリ
ありがとう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鏡の最終チェックを済ませ、




外に出て、車を走らせた。