無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
撮影終わったー。
山本 世界
山本 世界
あなたー。皆の分のお茶買ってきてくれる?みんな動きたくないってうるさくって。
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
わかりました!世界さんはいつものお茶でいいですよね
山本 世界
山本 世界
うん。いいよ。あと、しょたまんのお供え物と
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
わかりました!行ってきます
堀 夏喜
堀 夏喜
俺も行く!
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
えっ、
堀 夏喜
堀 夏喜
だめ?
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
いや?いいけど、
佐藤 大樹
佐藤 大樹
なら俺も行くー
堀 夏喜
堀 夏喜
だーめ。二人で行くのぉ!
佐藤 大樹
佐藤 大樹
やだぁ
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
三人でいこ?それなら文句ないでしょ?
堀 夏喜
堀 夏喜
やだぁ!二人がいいー!
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
堀夏君!
堀 夏喜
堀 夏喜
やだぁやだぁ!
山崎 ◯◯
山崎 ◯◯
ごめんね大樹君。今日は堀夏君と二人でもいいかな?
佐藤 大樹
佐藤 大樹
わかったぁ
山本 世界
山本 世界
元気だなぁ笑