無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

133
2020/08/29

第2話

Prolog.
-------紫雲-------
僕は弟と差別されてる
家の事は全部僕がやってる
僕はまだ2歳なのになんで
「母」七緒はさすがね〜
「弟」母さんありがとう
「父」おい!クズ野郎。飯作れ
「僕」はい
トントンジュゥ〜
「僕」出来ました。
「母」不味い!こんなもの食べれないじゃない
「母」( ∩'-' )=͟͟͞͞⊃ )´д`)ドゥクシ((꜆꜄ ˙-˙ )꜆꜄꜆シュッシュッシュシュシュシュシ
「僕」イタイゴメンナサイゴメンナサイ
「父」七緒。外に食べに行こうか
「弟」\ハーイ/やったぁあ
「母」片付けときなさい。
「僕」はい…
-------1年後-------
今日は僕と弟の誕生日
毎年僕は祝われない。
「父」紫雲。ドライブに行くぞ
「僕」えっ
「父」はやく車乗れよ
「僕」わかった
「弟」俺も行きたい。
「母」七緒は一緒にケーキ作りましょう。
「弟」はーい(^-^)/
「父」じぁあ行ってくる
「僕」行ってきますボソッ
車で30分後
「僕」父さんトイレ行ってきていい?
「父」わかった。
「僕」行ってきます
「父」ここでいいか。さぁ帰るか
車で30分"父"1人で家に帰った。
「父」ただいま〜
「母」おかえり〜
「弟」父さんケーキ食べよう。
「父」そうだな。
-----その頃-----
「僕」ただいま〜ッ父さんどこ?!
「僕」捨てられたんだ。もういらないんだ。
「??」ねぇ僕?どうしたの?
「僕」父さんと母さんに捨てられた
「??」ッ,じぁあ私の子供になる?
「僕」えっ
「僕」愛してくれますか?幸せをくれますか?
「??」えぇ愛してあげる。幸せにしたあげる。
「僕」ポロポロ
「??」大丈夫だよ。
「僕」うん
「僕」お姉ちゃん…お義母さんって呼んでもいい?
「??」いいよ👍
「??」私の名前は成瀬 優美だよ。貴方は?
「僕」森 紫雲だよ。
「優」じぁあ貴方の名前は成瀬 紫雲だよ
「僕」うん お義母さん
「優」そうだ。
「優」言い忘てた貴方と同じ人が後5人いるわ
「優」だから兄弟がいるわよ。後お義父さんも
「僕」わかった
「優」じぁあ帰りましょう
「僕」うん
-------家-------
「優」ただいま〜
「??」おかえり〜ドタドタ
「僕」た、ただいまボソッ
「??」おかえり!!
「僕」ポロポロ
「??」母さん〜おかえりって言ったら泣いた〜
「優」嬉しかったんだよ。
「??」君が紫雲くんか?
「僕」はい
「??」僕は君のお義父さんだよ
「??」僕は真斗だよ。呼び方は何でもいいよ
「僕」はい!父さん
「真斗」紫雲は何歳なんだ?
「僕」3歳
「真斗」じぁあ次男だな
「真斗」可愛いな
「??」パパ/父さん!!僕/俺,自己紹介してない。
「真斗」あぁそうだったな。長男からGo
「??」長男の桃春です。桃兄って呼んで。5歳
「??」三男の彩季だよ。呼び方は何でもいいよ。2歳
「??」四男の冬磨だよ。冬って呼んで。2歳
「真斗」彩季と冬磨は双子だよ。
「僕」( ・∀・) OK!
「??」五男の莉音だよ。呼び方は何でもいいよ。2歳
「??」六男の梓月だよ。しずって呼ばれてるよ。2歳
「??」七男の真琴だよ。まこって呼ばれてるよ。2歳
「??」八男の累だよ〜。るいって呼ばれてるよ。1歳
「皆」よろしく しーくん
「僕」うん よろしく
-------5歳〜8歳-------
「真」しずくんとりっちゃんと公園行ってくる。
「優」気をつけて行ってらっしゃい
「真」( ・∀・) OK!
🚪ガチャトテトテ((((((っ*・ω・)っ
「紫」桃兄〜勉強教えて〜
「桃」いいゾ〜
「累」俺も教えて〜
「桃」いいゾ〜
-------公園-------
「真」サッカーしよ〜
「梓」( ・∀・) OK!
「莉」(*`・ω・)ゞ
「皆」ε”ε”ε”(ノ* •ω• )ノー⚽️ コロコロ ポン
「??」わぁッ
「??」りぬくん大丈夫?
「??」どこも怪我してへんか?
「??」大丈夫だよ。
「??」はい!⚽️ヽ( ̄O ̄*)あげる♪
「莉」ありがとう。ごめんね
「莉」俺の名前は成瀬 莉音
「真」俺は成瀬 真琴
「梓」僕は成瀬 梓月
「??」えっ?! 兄さん/兄貴
「??」俺だよ?!莉犬だよ。
「??」僕だよ?!瓏だよ。
「??」俺だよ?!迅だよ。
「皆」ポロポロ 久しぶり
「梓」皆家くる?
「皆」行きたい。
-------終わり-------
捨てられた組は全員同じです。
生き別れ組は3歳の時に無理やり引き裂かれました。
-----------------------------------------------------------------------
スクロールお疲れ様でした。
次は家についたところから、書いていきます。
🐢更新🐢