無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1



あなたの部屋
あなた

*˘ ˘*zz♡

コンコン
蒼井翔太
蒼井翔太
お嬢様、蒼井です。朝のお目覚めのお時間ですよ
反応なしか……完全に寝てるな


壮馬様が「起こしてきて」と言われて来てみれば…
蒼井翔太
蒼井翔太
お嬢様!起きないのなら勝手に部屋入りますよ
反応なし
蒼井翔太
蒼井翔太
お嬢様失礼します
ガチャ
部屋に入り扉を閉めた
バタン
お嬢様の寝てるベッドを覗く
穏やかそうにお嬢様は眠っていた
あなた

(*_ _)zzZ

蒼井翔太
蒼井翔太
お嬢様!起きてください!
お嬢様の近くでゆっくりと肩を叩きながら言うと___
あなた

んぅ〜〜???……ふぁぁ〜〜

ゆっくりと目を開き始めた
蒼井翔太
蒼井翔太
おはようございますお嬢様。相変わらず寝坊助さんですね。ちゃんと自分で起きると言ったの誰ですか?
あなた

……おはよう蒼井。ん???……誰が言ったけ?

もしかして眠くて頭が働いてない?
蒼井翔太
蒼井翔太
お馬鹿ですか。お嬢様自身が僕に向かって言いましたよ
あなた

お馬鹿?……私そんなこと言ってたんだ〜

どれだけ記憶力が弱いんだお嬢様は……!!!
蒼井翔太
蒼井翔太
とにかく!壮馬様が朝一緒に食べるためにお待ちしております。早く着替えて来てくださいね
あなた

お兄様が???わかった。あっ蒼井〜

蒼井翔太
蒼井翔太
どうかしましたか?
あなた

蒼井が選んでくれる?

蒼井翔太
蒼井翔太
服を……ですか?
あなた

うん!!!

そのお嬢様のキラキラした笑顔に弱いんだよな〜
蒼井翔太
蒼井翔太
かしこまりましたお嬢様
クローゼットの方に向かい扉を開ける
ガラッ
お庭でお散歩したいとお嬢様が昨日言ってたので
少し暖かい格好を……
レモン色のワンピースに白のカーディガンをチョイスしてお嬢様に渡した
蒼井翔太
蒼井翔太
今回は暖かい日ですのでこのような服装にしましたがいかがですか?
あなた

可愛い〜ありがとう蒼井!やっぱ…蒼井に頼んで正解だった!!

お嬢様の笑顔にこんなにも弱いなんて…どうかしてる
蒼井翔太
蒼井翔太
(´Д`)ハァ…お嬢様、1人でもお選びしてくださいよ。僕が忙しくて手が出せない時は特にですよ
あなた

はーい

蒼井翔太
蒼井翔太
先に部屋を出ておりますので着替え終わりましたら直ぐに来てくださいね
あなた

わかったよ〜

一礼後、扉を閉めた
バタン
蒼井翔太
蒼井翔太
(´Д`)ハァ…
お嬢様とまともに話せてたかな?
不安だ……
着替え終わるまで待たないと
ガチャ
あなた

着替え終わったよ〜

蒼井翔太
蒼井翔太
そうですか?ちゃんと服を畳みましたか?
あなた

畳んだよ〜子供じゃないんだから!

どこが言ってるんだがその口は
蒼井翔太
蒼井翔太
(´Д`)ハァ…お嬢様少し失礼します。髪が数本服に絡まってますよ
あなた

えっ!?

何本か絡んでる……。


全くどうしたらこうなるんだか
蒼井翔太
蒼井翔太
出来ましたよお嬢様
あなた

ありがとう蒼井!

蒼井翔太
蒼井翔太
別に……ちゃんとしてくれればこんなことにはなりませんでしたよ
あなた

ごめんなしゃい

蒼井翔太
蒼井翔太
「ごめんなさい」です
あなた

ごめんなさい(o_ _)o

蒼井翔太
蒼井翔太
よろしい。
それでは行きましょうかお嬢様
あなた

うん!

そしてお嬢様と僕はお嬢様の兄、壮馬様が待つ
ダイニングルームに向かった