プリ小説

第1話

🌸

あなたside
今日は入学式っていっても私中三だし笑

関係ないわ~

はぁ,,,なんかないかなぁ


(入学式が終わり教室では)

実「ねぇねぇ,私達のところに教育実習生来るみたいだよ!」

あ「そうなんだ」

実「もう!あなたったら興味無いなぁ~」

あ「誰が来ても同じ,そうやろ?」

悲しんでる顔をする実彩子

宇野実彩子。私の唯一の女友達

私は大人びたことを言うから,友達ができない。

男子しか出来ないし,,,中学校入るタイミングで東京に越してきた。

直「はーい,みんな席ついて~」

あ「あれ,,,直也くんだっけ?担任」

直「そうだよ!笑あと、直也先生!」

あ「はーい。なおやくん」

直「もうそれでいいや」

なおやくんはほんとに面白い

直「今日から教育実習生が来てくれてます」

あ「」

実「ワクワク)」

直「はいってきて」

秀「どうも,,,末吉秀太です。担当は,,,体育です」

あ「そこはなおやくんと違うんだ」

秀「あ,うん,,,」

あ「怖がられとんちゃう?なおやくん」

直「え,,,」

秀「あ,いや、違いますよ!?」

直「いいよ,,,正直で」

あ「どんまい」

直「,,,俺はそんなもんでは心は折れない!」

実「はーい!秀太先生!彼女は?」

秀「え、?」

あ「ちょ,,,実彩子,,,」

実「え,,,気になったから聞いたのに」

直「あなたには西子という方がいるでしょう」

実「あの子はいいの」((

秀「彼女,ねぇ,,,いないよ」

実「え!?」

直「うそ,,,いそうなのに」

秀「いや,,,いたのはいましたよ!?今はいません」

実「ていうことは,,,はーい!末吉くん!ここのクラスで彼氏いないのこの子だけでーす」

そう言って頬杖をついていた私は,,,まさかの頬杖の方の手を思いっきり上げられ顎は机に直撃

ゴツンッ

あ「いった」

直「おお、大丈夫か笑」

秀「え,,,大丈夫?」

実「え,,,さっきのあなたの音!?ごめんごめんえ,どうしよ,,,え,,,ほ,保健室,,,」

直「今行ったら実彩子は今後の話聞けないよ?」

実「うっ,,,」

あ「私は大丈夫やから!」

実「でも,,,」

直「じゃぁ末吉先生に連れて行ってもらったら」

実「そうしよ!」

直「末吉先生お願いします」

秀「あ,,,はい」

秀「いこっか」

あ「はi,,,っ」

秀「え,,,」

秀「大丈夫?」

顎が喋れんぐらい痛くなってきてそのまま廊下にうずくまった

秀「,,,歩ける?」

振動が全部痛いからなにもできない

秀「ごめんね,,,触るよ」

そういって私をお姫様抱っこをした

あ「!!!!」

秀「あともう少しだよ~」

なんか,,,すっごい安心する匂い,,,てか、肌白いなぁ

(保健室)



秀「あれ,,,日高先生いない」

あ「,,,」

秀「,,,おれが手当てしようかな」

秀「ごめんね,,,触るよ」

そういって顎を触られ
痛くて避けてしまった

秀「そんなにいたいの、?」

あ「,,,コクッ」

秀「ん~,,,冷やす?」

あ「コクッ」

秀「ん,,,はい」

あ「ありがと,,,ございます,,,」


秀「全然いいよ笑」

あ~一目惚れしたかも,,,



どうしよう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

萌栞 モカ
萌栞 モカ
AAA 末吉秀太 小説消しがちです 7人目の女の子 桃の彼女は の続きから書きます。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る