無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

31
2021/06/11

第2話

2。ダブルデートという名の飾り物。
私たちが教室に入ると
黄色い歓声が響いた
きっと、くろ君とさく君だろう
私は気配を消しながらそっと自分の席に座った
前に座っていた女の子がくるりと後ろに向いてきた
れの
俺、咲野 澪乃さきの れのよろしくな!
私は櫻葉 紅葉、よろしくね
れの
あ、また"俺"って言っちゃった…
れの
まあ、仲良くしよーぜ!
れのちゃんの第一印象は凄くいい子だ
れの
俺はさ、第一印象って大事だと思うんだよな
れのちゃんはいい人そうに見えるけど…
れの
あーわりぃ、"れの"って呼び捨てにしてくんね?
れの
俺、ちゃん付けされるの嫌いなんだよね
れの…
れの
ん、なんだ?
いや、私のことも"このは"って呼んで欲しい!
れの
ん、よろしくな、このは!
みか
このは〜♡
れの
ん、誰だこいつ
私の友達のみかだよ
で、みか、こっちは…
みか
それより、聞いて!
え…
みか
今度ね、くろ君とさく君とお出かけすることになったんだ〜
ふーん、良かったじゃん
れの
くろ?さく?
あーあ、あの二人
そう言って彼らに指を指した
れの
ほー
れの
美少年だな〜
みか
ダメだよ、れのちゃん
みかはさ、くろ君が好きなんだって
れの
黒髪か〜
れの
まあ、俺はどっちもタイプじゃねーからなんも言わねーけど
みか
( *´•ω•`*)ホッ
みか
それでさ、このは!
みか
なんちゃってダブルデートしよって言っちゃったんだよね…
え?
今度は声に出ていたようだ
みか
だから、一生のお願いッ!
みか
私と一緒に行ってくれない?
いやいやいや
みかさんよぉ〜
あなた、"一生のお願い"わかってないよねぇ〜
もう、なんも言うこと聞かなくなるよ、私
うん、わかった…
まあ、ヒロインはみかだし…
そんなもん適当にするしかないでしょ
れの
ん〜、気になるからストーキングしたろw
ちょっとやめてよ、れのw
れの
嫌だね〜
くろ
このはも行くんだ
わぁ!?
さく
このはちゃんも来てくれるんだ〜♪
コイツら、私の名前覚えてたのか…
いや、さすがにクラスメイトの名前くらい…
私、フラグ立てた?
いや、大丈夫だよ、ね?
くろ
あんた、誰?
いや、れのの名前覚えてなかったぁぁ
フラグ回収でしたね…
れの
お、なんだとテメー
れの、怒んないでよ
れの
だってコイツがよー
この子は咲野 澪乃、私の友達
くろ
ふーん
れの
いや、興味薄そうだな!
くろ
いや、興味ないし
れの
辛辣だなッ!
くろ
それに、明日になったら忘れてるしたぶん…
じゃあ、私の名前もきっと忘れてるのかな…
ズキッ…
あれ、なんだろう
ズキッってした
さく
おーい、大丈夫か、3人組〜
れの
大丈夫に決まってんだろ?
くろ
ドヤるな、れの
れの
はぁ?
れの
うっせうっせバーカバーカ
私の高校生活もきっと
この人たちのおかげ(?)で波乱万丈になる気がする…