無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

20
2021/06/12

第3話

3。喜びという名の偽り。
"なんちゃってダブルデート(仮)"の日がやってきた
私は普段着の服を着て
集合場所に10分前に着いていた
すると…
くろ
はよ、このは、早いな
1番遅れると思っていたくろ君が来た
くろ君おはよう
早いね
くろ
お前、バカにしてんのか?
いや、してない
むしろ、くろ君遅く来ると思ってたから…
くろ
やっぱ、バカにしてんじゃねーかよ
いえ、決して…
みか
2人ともおはよぉ〜
みか、おはよ!
気のせいかな、みかがいつもよりぶりっ子に見えた気がした…
え、ぶりっ子とかやめてよ?
さく
よ、遅くなってめんご〜
さく君はいつもよりチャラく見えた
マジでみんな雰囲気変えてくるのやめましょうよ
くろ君は普通だけど
みか
まずは、映画でーす!
さく
いえーい!
くろ
みか
ちょっと〜、盛り上がってよ〜
さく
ノリ悪いぞ〜2人とも〜
なんの映画見る?
くろ
やっぱり、新しいのだろ
みか
ちょっと〜
みかは私とくろ君の間を割って入ってくる
さく君はさらに私とみかの間に入る
そうやって盛り上がっている3人を見ると
やっぱり、私はお飾りなのかなって思う
みか
よーし、じゃあこの恋愛映画に決定ッ!
さく
⋆୧(๑•ω-๑)イエ-イ
くろ
(。´-д-)ハァ-
くろ君は疲れているように見えた
4人で映画館に入ると
かなり席が混雑していた
さく
4人の空き席ないね
席をとろうとするとさく君が言った
くろ
ここ、3人ならある
さく
ほんとだ!
ここに、2人分空いてますよ、見にくそうですけど…
くろ
2対2にわかれるか…
みか
あ、待って私トイレ行きたい、このはも一緒に行こ?
この暗示はたぶん…
2人で話したいことがある
って言いたいんだと思う…
うん、私も行ってくる
さく
行ってら〜
くろ
チケット売り場は並んでないのに
なんであんなに席は満員なんだろう
そう思いながら
がら空きのトイレに入る
みか
このは、一生のお願いッ!
みか
私とくろ君隣にしてくれない?
出ました〜
2回目の一生のお願い
きっと転生してきたんだろうね、みかは
まあ、可愛いから許すけど
でも、さく君はみかの隣になりたいよね
みか
あ、このは1人であの二人すわれるとこ座るってのは?
え…?
みか
凄い、一件落着ッ!
みか
このはも1人で見た方が楽だよね?
そんなことは…
言葉にできなかった
喉まで出てきたその言葉は
体の奥へ戻って行った
うん
みか
よし、決まりッ!
やっぱり、みかはこの話のヒロインなんだ
イケメンな2人と出掛けれて自惚れてたのかもしれない
みかの友達という脇役
ごめん、私、本当にトイレ行きたくなった
先、戻ってて…
それでも、少し期待してたんだ
どこかに自分の出る幕があるんじゃないかなって…