無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

20
2021/06/20

第6話

6。恋という名の夢。
その後も、くろ君はずっと隣に座っていた
なんだか、ソワソワする…
これからくろ君にどうやって接すればいいんだろう…
うーん…
今の関係はこんな感じだよね
さく君みかくろ君
まあ、恋という感情に気づいたところで
何も今までとは変わらないんだけどね
私はくろ君を好き
でも
みかに勝てるはずがない
だから
せめて、くろ君がちゃんとみかを好きになってくれるようにしないと
2人が相思相愛なら
私もキッパリと諦め切れるし
くろ君そろそろ戻らないと映画館の人やみか達に変に思われちゃうよ?
くろ
ん、そうだなー
くろ
でも、あの席うるさいしなー
とりあえず、戻ったら?
くろ
うーん…
うーんと頭を捻ったまま
その場から動こうとしない
くろ君?
くろ
いや、このはの隣の方がいいや
え?
くろ
やっぱ、俺も一人で見たいタイプの人だったってこと
あ、そうなんだ…
くろ
なんなら、このはあっちの席行く?
え?
いや、私はいいよ
くろ
だって、さっき泣いてたのって
くろ
自分だけ仲間外れにされてるみたいって思ったからでしょ
ドックン…
ち、違うよ
くろ
嘘つくなよ
くろ
俺は、わざと1人になって欲しいなんて頼んでないし
くろ
みかともなりたいって言ってねぇ
くろ
このははこのはなりに自分の好きなようにしろよ
…!
じゃあ、私はくろ君と一緒に見る
くろ
え?
静かにしてるから、いいでしょ?
くろ
はぁ…
くろ
そういう問題じゃねぇーつーの
パチン…
くろ君が向かい合っていた私のおデコをパチンと弾いた
痛て
くろ
今の話的にお前はあっちに行く流れだっただろ…
私はこっちにいたいの!
くろ
映画中だ、興奮するなよ
してなッ…
パチン…
2発目のデコピンを食らうと
くろ
いいから向こう行けって
くろ君に少し強引に席を立たされて
連れてかれた
くろ
よ、みかとさく
さく
遅かったじゃん、くろ
くろ
このはがこっち座りたいんだってよ
そんこと言ってな…
くろ
じゃあ、言い方を変える
え?
くろ
俺があっちに1人で座りたい
くろ
だから変わる、な?
みか
チッ…
みかが舌打ちをしたように聞こえた
ちょっと!
何よ…
好きになったと思ったのに…
別にそんなにまでして
1人で座る必要なくない?
はぁ…
みか
ねえ、なんでこのはが溜息ついてんの?
え?
みか
"え?"じゃないし、私、くろ君と隣になりたいって言ったじゃん
そ、そうだったね…
みか…
私に言うな
あの、くろ君とかいう根悪の奴に言え
こんな感じで私の初恋は散りました
いや、これは恋じゃないッ!
認めないから私ッ!
さく
映画中はお静かに〜このはちゃん☆
さく君の方がカッコイイしッ!
みか
チッ…
みかの舌打ちの後、チラリとくろ君が座っているあそこの席を見る
やっぱり、つまんなさそう
私にも結果的にそういう風に見えてしまったんだな…