無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

28
2021/06/14

第5話

5。期待という名の恋。
4人で映画のやるところに入る
しかし、座る席はバラバラ
私は隣がいなくて
ひとり
すぐにハンカチを出す
泣ける映画だといいけど…
ウィーン…
映画が始まる音がする
青春系の映画みたいだった
スタートから橋本環奈似の女優さんが
振られるシーンから始まる
私は橋本環奈が好きだから
なぜ子の男の子の方は付き合わなかったんだろうと考えていた
映画が始まり15分くらいたった時
向こうの3人の中から
1人トイレに行ったっぽかった
やっぱり、無視しようと考えてても
無理だな
だいたい、1人で見たいなら1人で映画行くだろ
などと
悲しみや不満が溜まっていた
だからか知らないけど
目元が濡れていた
あ、あれ?
映画中だから声を上げて泣くことはしなかった
全く泣けないところで
涙が出てて
自分でもどうしたらいいかわからなくなった
??
よっと…
!?
不意に隣に人が来た
くろ
あれ、このは泣いてんの?
く、くろ君!?
くろ
このシーンそんな泣けるか?
ええっと、いやぁその…
くろ
まあ、俺人のツボとか理解し難い人だし
くろ
泣きたいなら泣けば?
くろ
俺は映画見てるし
聞きたいことがたくさんある
くろ君はなんでこっち来たの?
くろ
みかとさくアイツらがうるさかったから
くろ
それと…
それと?
くろ
このは、ひとりじゃ可哀想だし…
わ、私?
ズルいよ
なんか、期待しちゃうし…
わかんないけど
涙、出てくるし
くろ君は優しいね
くろ
え?
え?
くろ
いや、俺、優しくないけど…
え、今、声に出てた!?
くろ
あ、うん…
広いはずの映画館の座席は
くろ君と隣だったせいか
狭く、くっついているような気がした
なんだかドキドキする
変なの…
あんなに恨んでいた(?)
みかのことも忘れて
私はゆっくりと映画を見ていく
隣にはくろ君がいて
どこか雑に見ているような瞳をしながら
真剣にみているのが伝わってきた
きっと、みかはくろ君が真剣に見てたのに気づいてなかったんじゃないかな
そんなふうにふと思ってしまった
モブBにも、ご褒美があったんだよね
きっと…
そう思うと
なんだか胸が
ズキズキ
してきた
私はモブだよアハハ
声に出してみる
くろ
大丈夫か、このは?
心配してくれる彼の顔
それだけじゃない
私の席に来てくれた
そう思うとドキドキが
止まらない
また、涙が溢れてくる
叶わないってわかってるのに
みかの好きな人ってわかってるのに
「なんだろう…」
なんかじゃない
これはもう
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
なんだ…