第32話

in宮城
593
2020/04/03 11:04
光side
今日はオフの日を使って地元の宮城に行く事にしたんだけど…
あなた「やって来ましたー!ヒカの地元、宮城ー!!!!」
光「あなたと2人で出かけるのJr以来だな」
あなた「そうだっけ、もうめっちゃ楽しみにしてたんですよー!」
光「まぁ、今日はね、何故か、いたジャンのスタッフからカメラを預かりまして」
あなた「ネタが尽きたので何か撮ってこい、と。笑 なんて雑なスタッフなんでしょう」
光「こんなスタッフ他の番組で見ないんですけど!」
あなた「でも、私とヒカならいい撮れ高になりそうですよ?」
光「じゃあ早速うちの実家に向かいましょうかね」
あなた「れっつー!」
光/あなた「ごー!!!」
.
女「え、あれって、ヒカじゃない?!」
女「待って待って待って、やばい、!」
女「きゃーーー!!!!」
あなた「あ、バレちゃってるじゃん笑」
光「ちょ、どうしよ」
女「あなたちゃん、写真撮ってください!!」
あなた「いいよ~あ、その写真インスタのDMで送っといて!!」
女「サイン欲しいです!」
あなた「どこに書けばいい??」
女「携帯にお願いします!」
あなた「え、携帯に書いちゃっていいの??じゃあ間違えないようにしなきゃ」
光「あなた、ファンサ凄いな」
あなた「ファンの子達って可愛いじゃん!」
光「いいんだけど、そろそろ行かなきゃだから」
あなた「え~わかった。みんなばいばーい!!」
これだからあなたの人気はどんどん上がるんだろうな。
俺にはこんな事できない
あなた「ヒカどこ~」
光「ここ右に曲がったとこだよ」
光ママ「あら、あなたちゃんじゃない!」
あなた「わ!!!光ママ~♡」
光「え、面識あるの?」
あなた「ん?ないよ!!初対面!」
光ママ「ほらほら入って~」
え、なんか俺、置いてかれてね?
.
光ママ「はい!ご飯できたよ!」
あなた「うわ~美味しそう…皆さんこれが八乙女光ママの作るご飯です♡」
光ママ「恥ずかしいからやめてよ~」
光「いただきまーす」
あなた「いただきます!…ん~美味しい…!幸せ~♡」
光「見てください皆さん。この美味しく食べてるこの顔。なんて可愛いんでしょう妹にしたいですね」
あなた「んふふ♡」
光ママ「私もこんな可愛らしい娘欲しかったわ~」
あなた「またまた~2人とも褒めるのがお上手で、」
照れた様子でご飯を食べ終わったあなたは疲れたのかすぐ寝ちゃった
寝顔まで可愛いとかずるすぎるだろ
パシャ
Instagram_
@jump_official
こんばんは。ひかるです。
今日は俺の地元、宮城にあなたと一緒に行ってきました!
やっぱ宮城さいこー!!
あなたはお疲れモードでもう寝ちゃったのでこっそり撮った寝顔の写真載せときます。笑 あとで怒られそう…。
あと、メンバーに怒られそうです。
それでは皆さんおやすみなさーい!
(写真を添付)
@mmmmm
あなたちゃん寝顔まで可愛いとかなに?!
@ppppp
ヒカの実家にあなたちゃんと行くとか、結婚の挨拶じゃんw
@vvvvv
結婚ですか?笑

プリ小説オーディオドラマ