無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

144
2021/07/22

第2話

☁*°1
幼少期編_
☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°☁*°
むい
ッ…
私は今_母に殴られている。どうやらパチ行って負けたらしい(?)
むい
私にッ…当たらないでよォ…ぅ''ッ
うるせぇ!お前のせいで負けたんだぞ!おらぁッ
むい
痛いよぉッ
こうやって殴られたりするのは日常の事。
プッ‪…w‪w
むい
おにい…ちゃッ
私の前で笑っている人は私の兄だ。兄もいるのになぜ私が殴られるんだろう…?


私は疑問に思ったので母に尋ねた。
むい
ねぇ…お母さんはッ…なんで兄じゃなくて私ばっかり殴るの…?
なにそれ。そんな簡単のことも分からないの?‪w‪w
これだから低脳は…‪w
そういい母は私を殴り続けた。



_夜になりご飯の時間が訪れる。
むい
((当然私はご飯を食べさせて貰えない。
ご飯を食べていた母が私に言った_
☁*°
私は__いらない子だと_。