無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2019/12/24

第7話

いじめ再開
赤坂 乙
赤坂 乙
(最近、乙葉たちは私たちにいじめてこないな。まあ、その方がいいんだけど。)
そう思った瞬間…
(ドンッ)
誰かとぶつかった
赤坂 乙
赤坂 乙
あ、ごめんなさい
中村 乙葉
中村 乙葉
どこ見てんのよ!
赤坂 乙
赤坂 乙
え、
中村 乙葉
中村 乙葉
全く。これだから低学年は。
赤坂 乙
赤坂 乙
……っ!
中休み
中村 乙葉
中村 乙葉
ねえ、聞いてよ!乙ってば私にぶつかってたのよ!
大塚 叶
大塚 叶
うっそ!あいつが!?私たちがいじめてあげてなかった理由わかんないの?
前田 百合
前田 百合
私たちの優しさをなんだとおもってるのかしら。
中村 乙葉
中村 乙葉
だからまたいじめてあげましょうよ!
大塚 叶
大塚 叶
ええ。そうね!
前田 百合
前田 百合
私たちの本気を見せてあげましょ!
そうして乙のいじめがまた始まった
赤坂 乙
赤坂 乙
や、やめて……っ!
中村 乙葉
中村 乙葉
私にぶつかってきたからそうなるのよ。
そう言って乙を蹴りあげた。
赤坂 乙
赤坂 乙
うっ。……
大塚 叶
大塚 叶
ふふ。
このタイミングでチャイムがなった
前田 百合
前田 百合
( ˙-˙ )チッ
今回はここまでにしまょう。
中村 乙葉
中村 乙葉
そうね。
乙葉たちはそのまま去っていった
赤坂 乙
赤坂 乙
……っ!
乙は、全身に痛みが走った