無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

6
2019/12/12

第3話

第3話
放課後_
小川 沙耶
小川 沙耶
ねえ!なんで学校であの呼び名で呼ぶのよ!私だってアッくんって呼びたいけど呼ばなかったじゃん!
高尾 秋人
高尾 秋人
はあ?俺だって最初は沙耶って呼んだぜ?
小川 沙耶
小川 沙耶
…ねえ、アッくん今週末空いてる?
高尾 秋人
高尾 秋人
えっ、空いてるけど…急にどしたの?
小川 沙耶
小川 沙耶
土曜か日曜どっちかウチ(実家)に来てくれない?
高尾 秋人
高尾 秋人
いいけど、なんで急に?
小川 沙耶
小川 沙耶
私ね。お母さん達にまだ彼氏がいるって言ってないの。今まで隠し事なしだったからなんか罪悪感あって……
高尾 秋人
高尾 秋人
そーなんだ。その事でサッちゃんがなやんでんならオレはいつでもお前ん家行くぜ!
小川 沙耶
小川 沙耶
うん。ありがと(*´▽`*)じゃあ早めの方がいいから今週の日曜とかはどう?
高尾 秋人
高尾 秋人
あ〜そうだな。そうしようぜ。
小川 沙耶
小川 沙耶
待ち合わせ場所どうする?
高尾 秋人
高尾 秋人
んー。どーすっかなー。_
日曜日_
沙耶の母
沙耶の母
まあ〜♡沙耶〜大きくなってぇ〜。一人暮らし初めてからすっごく心配してたんだからぁ〜。
小川 沙耶
小川 沙耶
うん。ありがと。·····あ、紹介するね。こちらは私のカレシの高尾秋人。
高尾 秋人
高尾 秋人
こ、こんにちは。沙耶さんと付き合いさせてもらってます。高尾秋人です。
沙耶の母
沙耶の母
まあ〜♡沙耶にこんなカッコイイカレシがいるなんて。お父さんも昔はこんなにカッコよかったのよ♡(´∀`*)ウフフ
小川 沙耶
小川 沙耶
あはは。そうだね
高尾 秋人
高尾 秋人
本当にすみません。勝手に『カレシ』とかいって。
沙耶の母
沙耶の母
あら〜。気にすることないのよ〜。私もね、沙耶にこんなカッコイイカレシがいて本当に嬉しいんだから。
小川 沙耶
小川 沙耶
・・・あ、私達そろそろ帰らないと!
時計を見ると午後4時回っていた
高尾 秋人
高尾 秋人
あ〜そうだな。じゃあまたきますんで!お父さんにもよろしく言っといてください。
沙耶の母
沙耶の母
もお〜。そんなにかしこまらなくてもいいのに。でもお父さんにはちゃんと言っとくわね♪
小川 沙耶
小川 沙耶
じゃ、私たちそろそろ帰るね
高尾 秋人
高尾 秋人
じゃあお母さん。また来ますね。
沙耶の母
沙耶の母
ええまたきてね♡
私たちがそんなことを話していると
???
???
ん?お前・・・沙耶か?
小川 沙耶
小川 沙耶
え。・・・お父さん!?
高尾 秋人
高尾 秋人
え!こと人がお父さん!?
沙耶の母
沙耶の母
あ、お父さ〜んおかえりなさい♪
秋人や私が驚くのも無理はないと言わんばかりにお母さんは、
沙耶の母
沙耶の母
お父さんね。サーフィン始めたのよ♡そしたらこんなにこげちゃってねぇ〜。
小川 沙耶
小川 沙耶
え!?お父さんサーフィン始めたの!?わあ〜すごいね!
高尾 秋人
高尾 秋人
すごいですね!
沙耶の父
沙耶の父
いやあね(/// ^///)
小川 沙耶
小川 沙耶
あ!!!秋人!もう帰ろ!時間が…!
高尾 秋人
高尾 秋人
うわ!時間がやべえな…すみません!俺らもう帰らないと行けなくて…
沙耶の父
沙耶の父
時間大丈夫か!?
沙耶の母
沙耶の母
お父さん、送って行ってあげたら?
高尾 秋人
高尾 秋人
え!?でも、申し訳ないんで、いいですよ。
小川 沙耶
小川 沙耶
秋人!そんなこと言ってる場合はないよ!大人しく送ってってもらお?
高尾 秋人
高尾 秋人
…そうだな。
沙耶の父
沙耶の父
よし!じゃあ俺の車にのれ!
高尾 秋人
高尾 秋人
ほんとにすみません!!!