無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ろくわ!
みるく
みるく
ねぇ〜♡♡
かぷく〜ん♡♡
かぷちーの
かぷちーの
はい…なんですか…
みるく
みるく
いまから一緒にショッピングいかなぁ〜い?
かぷちーの
かぷちーの
え、えと…
しなもん
しなもん
ごめんみるくさん!
かぷちーのくん、私と用事あるから!
かぷちーの
かぷちーの
しなもんちゃん…
しなもん
しなもん
ほら!いこ!ごめんなさいね!
≡≡≡ヾ(⌒(_'ω')_タッタッタッ
かぷちーの
かぷちーの
ありがとう…しなもんちゃん!
しなもん
しなもん
言っちゃ悪いけど、
みるくさんってちょっと…
かぷちーの
かぷちーの
だよねw
かぷちーの
かぷちーの
(女の子とこんなに近くで話すなんて
幼稚園以来だ……)
しなもん
しなもん
用事あるって言って断ったけど用事ないねw
かぷちーの
かぷちーの
ねw
かぷちーの
かぷちーの
(やばい…恥ずかしすぎる)
かぷちーの
かぷちーの
(しかも、しなもんちゃんだんだん近づいてきてる気がする…)
しなもん
しなもん
。。。。
しなもん
しなもん
。。。
かぷちーの
かぷちーの
(しなもんちゃんがなんか言ってるけど、耳に入らない…)
しなもん
しなもん
。。?
しなもん
しなもん
。。。?
しなもんちゃんの柔らかそうな唇が
滑らかに動いている












もう無理。
我慢出来ない。


チュッ
しなもん
しなもん
!?
僕は我に返る
かぷちーの
かぷちーの
あっえっとあぁっごめん!
しなもん
しなもん
私、帰る
かぷちーの
かぷちーの
あ…わかった。
僕は何をしてるんだ。
またしなもんちゃんとの距離が遠くなってしまったじゃないか。