無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

きゅうわ!
次の日ぃ!
僕は早起きして広場のベンチに座っている
かぷちーの
かぷちーの
はぁ…
多分僕は人生が終わったような顔をしているだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しなもん視点
しなもん
しなもん
(今日はやけに気持ちが重いなぁ)
重い体を起こし、支度をする
鏡の前で昨日のことを思い出し、顔を歪める
しなもん
しなもん
はぁ………
大きな溜息をつき、何となく広場へ向かう
しなもん
しなもん
!?
かぷちーの
かぷちーの
!?
しなもん
しなもん
か、かぷちーのくん…
かぷちーの
かぷちーの
しなもんちゃん…
かぷちーの
かぷちーの
昨日はごめん…僕が早とちりしたから…これからは僕に無理に関わらなくていいy…
しなもん
しなもん
待って!
かぷちーの
かぷちーの
え…?
しなもん
しなもん
わたし、かぷちーのくんのキスが嫌だったんじゃない!
しなもん
しなもん
かぷちーのくんのこと、嫌いなんかじゃない!
しなもん
しなもん
嫌いじゃない……好きなの……
私は震えていた
これでかぷちーのくんに嫌われたらどうしよう。
気持ち悪がられたらどうしよう。
かぷちーのくんと話せなくなったら…どうしよう。
かぷちーの
かぷちーの
え…?
かぷちーの
かぷちーの
しなもんちゃん…
ずっと
ずっとずっと
好きなのは僕だけだと思ってた
でも
違ったんだ。
かぷちーの
かぷちーの
しなもんちゃん……泣
しなもん
しなもん
え!なんで泣いてるの!
かぷちーの
かぷちーの
だって(´;ω;`)
かぷちーの
かぷちーの
しなもんちゃんが僕のこと好きでいてくれてたなんて(´;ω;`)
しなもん
しなもん
気持ち悪い…よね…
しなもん
しなもん
嫌だよね…
かぷちーの
かぷちーの
違うよ
僕は泣き止んでいる
しなもん
しなもん
へ?
かぷちーの
かぷちーの
僕も好きだもん
しなもん
しなもん
/////////!?
しなもんちゃんは顔が真っ赤だ
しなもん
しなもん
え…じゃあ…
かぷちーの
かぷちーの
僕たちは両想いだったんだ
しなもん
しなもん
かぷちーのくん!
しなもん
しなもん
うぅ(´;ω;`)
かぷちーの
かぷちーの
ヨシヨシ( ´。•ω•)ノ"(っ <。)
かぷちーの
かぷちーの
しなもんちゃん、聞いて。
しなもん
しなもん
うん(´;ω;`)
かぷちーの
かぷちーの
僕と付き合ってください!
しなもん
しなもん
はい///
かぷちーの
かぷちーの
.*・゚(*º∀º*).゚・*.
しなもん
しなもん
.*・゚(*º∀º*).゚・*.
こうして2人は
お付き合いすることになりました!
めでたしめでたし!
ではなく!
まだ続くよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
いやー!おふたり!良かったですねぇ!
かぷちーの
かぷちーの
ちょ、雰囲気壊れるからやめて
しなもん
しなもん
作者は黙ってなさい!
主
はぃぃ(´;ω;`)
しなもん
しなもん
みなさん!
かぷちーの
かぷちーの
これで終わりじゃないですよ!
しなもん
しなもん
まだ続くんで!
かぷちーの
かぷちーの
お楽しみにぃ!
しなもん
しなもん
ばいばーい!
かぷちーの
かぷちーの
ばいばーい!













主
ばいばーい(´;ω;`)うぇぇぇん