無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ななわ!
バタン!
私は勢いよく部屋のドアを閉めた。
ベットに蹲る
しなもん
しなもん
私は…
しなもん
しなもん
私は………
しなもん
しなもん
なんで帰って来ちゃったんだろう
自分でもなんでこんな行動をとったのかが分からない。
かぷちーのくんが嫌いで、
キスが嫌だったなんてことない
私は
本当は
かぷちーのくんのことが好きなのに。
しなもん
しなもん
なんで……
涙が零れる
しなもん
しなもん
うぅ……
明日。

明日謝って

気持ちを伝えるんだ。
私はそのまま眠りについた。