無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4わぁ
まだ服屋にいます\(^o^)/
しなもん
しなもん
みてみて!
しなもん
しなもん
この服可愛い!
かぷちーの
かぷちーの
ほんとだ…
服が可愛いんじゃない。
服を楽しそうに見ているしなもんちゃんが可愛い
かぷちーの
かぷちーの
(この服も、しなもんちゃんが着たら可愛いんだろうな…)
しなもん
しなもん
買おうかな!
しなもん
しなもん
あ…
かぷちーの
かぷちーの
どうしたの?
しなもん
しなもん
お金持ってきてない……
かぷちーの
かぷちーの
あららw
しなもん
しなもん
(、._. )、しゅん
かぷちーの
かぷちーの
(しゅんってなってるしなもんちゃん可愛すぎか)
ポケットに手を突っ込む
かぷちーの
かぷちーの
(たりる…かな…)
僕は家のローンのために貯めていたお金をここで使うことにした。
かぷちーの
かぷちーの
これ、ください。
おおきにー(●︎´▽︎`●︎)
しなもん
しなもん
え…かぷちーのくん…
かぷちーの
かぷちーの
これは僕が買ったの。で、
かぷちーの
かぷちーの
はい!
袋に入った服をしなもんちゃんに渡す
しなもん
しなもん
いいの…?
かぷちーの
かぷちーの
うん!
驚いているしなもんちゃんも可愛い。
しなもん
しなもん
ありがとう!!
ギュッ
しなもんちゃんが抱きついてきた
かぷちーの
かぷちーの
/////////!?
僕の顔はたちまち赤くなっていく
かぷちーの
かぷちーの
(意外と大胆だなぁ…///)
しなもん
しなもん
えへへ!
しなもんちゃんが喜んでくれてよかった
僕は今すごく幸せだ